山小屋ライフの最終日〜〜〜^^ 10・24

山小屋ライフの最終日。
どうしても山の尾根に登りたいと思った。
たぶん:::今回を逃してはもうチャンスは無いと思うから。
8年間使ってる右の人工股関節はうまく機能してくれてるし走ってもいるし、ワンコの散歩について行って結構な山道も歩ける。
でも、ソロソロ左の方がジワジワときてる。
この10年は山作業も畑作業もほとんどしてない町生活。
身体の老化も進んでる。
今回の山小屋ライフではっきりと「来年は〜」は考えてはいかんとしっかり自覚。笑
ならば:::今やりたいと思うことをするべきっと。
うちの山の尾根からは後山の頂上がなんとか見えていた。
もう一度みてみたい〜〜っと思った。
今までもずっと一人で山の境界を巡って反対側の道路に出てみたり、尾根をどんどん歩いて「どこに出るのかな〜〜」っと徘徊冒険してた。
もちろんクマベルを鳴らしながら〜〜笑
今回は三男に一緒に登ってもらうことにした。
小屋から尾根まで100mほどなのだが山斜面は急で油断すると滑り落ちる。
ほぼ45度の傾斜〜〜キツイと感じたらやめると約束してokを取りつけた〜〜^ – ^笑
緩やかな斜面を選んで立木につかまりながらなんとか尾根に到着。
枯れた杉、赤松がいっぱい倒れてた。
斜面にはホウノキの枯れ葉がいっぱい落ちてるのに、何故かホウの実が落ちてない。なんで?
尾根は昔のままだった。
境界の印も確認。
後山は:::10年の間に
杉が伸びたらしく、隙間からチラッとみえただけ。笑;;;
尾根からはやまごやの屋根が見えるが見下ろすと足がすくむ。
この急斜面をケモノ道を伝ってよく降りていったっけ。
山斜面の倒木を下に投げ下ろして「山掃除作業」もよくやったなあ—ほんと若くて元気だった〜〜無茶ばっかりやってたっけ。
ウムウム〜〜願い叶って余は満足じゃ〜〜笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です