今日は山の畑の返還記念日〜〜♪  11・29

8年前のFacebookの”過去のこの日”が登場〜〜w
そっか〜〜8年前にお借りしてた畑を地主さんにお返ししてたんだ〜^^
山の畑の返還記念日〜〜♪!!
事故って1年半、これ以上は荒地にして放置してるわけにもいかないと決断。
山小屋には絶対連れて行く!っとの思いは揺らがなかったが、もう畑は持続できないと納得しなければいけなかった。
10年、思いがけなくお借りできた畑は、たくさんの思い出を残してくれた。
村の人たちとの温かい繋がりも作ってくれた。
山小屋作りだけだったら、おそらく”山の中に孤立”してただろうと思う〜^^
思い出の中に彩りを添えてくれた元畑に感謝〜感謝〜^♫^
************
************
過去のこの日
8年前
2013年11月29日 ·
朝、山で畑をお借りしてた地主さんからお電話。
休耕田の検査も合格したそう〜〜よかった〜これで一安心〜〜^0^
「ご主人は、わしら村のもんよりももっと村のもんやったと思いますよー。
毎日汗だくで畑をされてる姿をずっとみせてもらってきましたけに。よう頑張ってこられましたもんなぁ〜
必ず、山に来られたら元気になられる方やと思っちょりますで。
柿の梅も栗も、畑ののり面に植えられてるのはそのまんまにしちょりますけに、山に来られたらいつでも採ってくだされや〜」
***********
村の人たちは、この10年、「おもろい夫婦やなぁ〜」と思いながらもいつもそっと見守っていてくださった〜〜
山の斜面に張り付くように存在する小さな集落。
その集落からから見える真反対側のこんもりとした針葉樹の山の中から白い煙が上ると「おっ、今日は来てられるんじゃな〜」っと目印になっていたとよく聞かされていた。
「暖炉の煙がうちが来てるよーっていう狼煙だね〜」っと村の人とよく笑った。
山小屋を作り始めて20年。。。。。。ただただ山小屋作りに没頭し回りを見る余裕もなかった前半の10年。
畑作業をしながら下の畑のご夫婦と畦に座り込んでいっぱいおしゃべりしたりと「田舎暮らし」を存分に満喫できた後半の10年〜
畑はkun&kao夫婦にゆっくりと流れる時間とかけがえのない宝物を運んできてくれた〜〜^^
畑をお借りしてほんとによかったね〜〜いつも二人で話してた。
耕耘したあとの畑にレンゲの種を蒔かれたそうだ。
春になったらレンゲの花の咲く畑と駒の尾山の写真を撮りたいな〜♪
必ず行こう〜〜!
サクラとコブシとレンゲ畑をみるために〜〜^^
村の人に会うために〜^^
***********
<2021年10月18日の元畑の写真。>
1ヶ月前の10月18日、1年ぶりに山小屋に到着してすぐに、林道を下って元畑に会いに降りた。
”今”の畑をしっかり目に焼き付けておきたくて。
二人の夢の跡〜〜^笑^v
やっぱりココはほっこりできて一番いい〜〜^♫^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です