超大忙しの日〜〜^0ー  1・15

今日は病院の日。
整形外科と消化器外科を一つにまとめてくださったのは有難いが時間が詰まってしまってる。
採血が9時からなので8時半に出発。
採血が時間かかりそうなので先にレントゲンに行ってくださいと言われて股関節のレントゲンに。
終わって急いで採血に戻るとあと3人で呼ばれるとこ。
看護婦さんってすごーい!!!って感動。
担当医の診察を待つ間暇なのでキョロキョロ〜〜「お知らせ」の張り紙が目に止まって何気に読んだ。
”〇〇医師が2月末で退職されます”と。
ありゃぁぁ〜〜!!
私の担当医じゃんか〜〜!
そういえば人工股関節置換術したのって・・いつだったっけなぁ〜〜ってフェイスブックみたら「7年前の今日」が偶然でてきてた〜〜@0@
なんとまぁ奇遇、不思議なこともあるもんだ。
最初に手術を言われたのはもう10数年前だっかな〜その時に、手術をしたら畑作業や山作業はできますか?っと尋ねたらふつーの生活はできるが畑作業などはとても無理です、とんでもないっと。
手術しても車椅子になる人もいるときいて正直怖くなった。
そんじゃ、手術なんかやる意味ないからやらねえよーってことで整体・針・ヨガっと色々やって、神経ブロッグ注射、トリガーポイント注射のために福井県まで特急列車で通ったことも。
あとで考えたら、自分の身体にメス入れるのが怖いからってどんなに逃げても足掻いても手術しなければならなかった運命だったということ。笑
最近手術してない左側股関節が時々怪しい動きをしてるので医師に尋ねた。
やっぱり左股関節の節の部分に角のような突起物がレントゲンにくっきり写ってた。
いろんな方に右をやったら必ず左もなるよって言われてたっけ〜〜さーすがやな〜^^
どのくらい持ちこたえてくれるでしょうか?って尋ねたら、医師も考えこまれてた。
できれば命尽きる時まで持ちこたえて欲しいなぁ〜
退職して自分で病院を開業されるそうなので今後そこに通った方がいいかな〜っと口に出そうとしたら、「Fさんの場合はやはりこのまま県立で定期的に検査された方がいいと思います。手術となったらやっぱり県立になりますから。新しい担当医師に詳しく連絡しておきますね」って・・・。
先に読まれちまった〜〜笑;
やっぱな〜〜覚悟するしかないのかな。^0ー
両方手術したら、私ロボットになっちゃいますねえ〜って言ったら、医師、困ったように苦笑い。
確かに、左側の手術して今は走り回ってるし、ワンの散歩について山道も歩けてるし、杖ついて今後一生ズボンしか履けないな〜って思ってたのにヒールはいてスカートで闊歩できてる・・今。
覚悟して、体力あるうちにやった方がいいよーって息子夫婦にも言われてしまった。
確かに、確かに、歩行困難になってしまったら周りに迷惑かけるしなぁ・・ここが思案のしどころか・・・悩むところだ。
診察終わってファイルを渡してくださった看護婦さんが「レントゲン間に合ってよかったですね!」ってニッコリ〜^^
大急ぎでCT検査室へ急行〜
造影剤を投与しながらの造影CT検査〜〜この時間に遅れたら後回しになる恐れがあったので看護婦さんも分刻みに協力していただいて感謝感謝。
造影剤が手の先の血管まで広がってきてほわんと暖かくなる。
この感触って不思議。
なんとか今日の予定すべてクリア。
右手採血、左手造影剤注入〜〜さすがに今日は買い物は1軒だけで帰宅。
ほんとに大忙しの1日だった。
さすが元気婆もちょっと疲れた・・・・やっぱり元気ばっても体力は衰えてると実感。
あっちこっちガタガタ〜ガタガタ〜となってくるのが高齢化ってことなんだろうなぁ〜
なかなか簡単にはさよならさせてはくれなさそうだ。
これが人生〜〜か〜〜笑0笑

<余談>7年前の手術後、回診にこられた担当医が手術で切開した部分をスケールで測って「うんうん、7cmなかなかいいな〜^^」ってニンマリされてた場面がふっと浮かんだ。
先生、自分の手術の腕ににうっとりされてたのか・・・・笑v笑;;

他に比べようのない患者はその一言で”7cmって小さいんだ〜〜よかった〜^^”って擦り込まれてしまったん・・・です・・けど・・・ひょっとしたらあの時医師の策略にはまったのかな〜〜^0^^v^

***********************
7年前のこの日   
2014年1月15日 ·
*************
ジコケツ?  自己ケツ?・・自分のお尻?・・・そないなことはないか〜〜笑::
ジコケツ=自己血ということばを今回初めて知った。
自己血輸血〜〜〜手術の時に自分の血液を採取しておき輸血すること。
緊急でない場合は、可能な限り自分の血液を輸血するのが一番安全ということか。
手術が決まったら自己血を800mlを採血しておくらしい。
今日はその自己血1回目〜〜400mlを採る。
400mlというと・・・牛乳瓶2本分〜〜結構な量だ。
昔、献血車で献血して他の人の3倍もの時間がかかって・・・それ以後献血するのが怖くなっていた。
大丈夫やろか・・・・
当日手術を執刀して下さるM医師が自己血採血をしてくださった。
意外によく出てくれて・・・・ほっ!
無事400ml採血終了〜〜♪
その後、1時間かけて点滴をして、最後に肩に血液を作りやすくなる注射をして終了だった〜〜^^
もう一回自己血やって・・・あとは「まな板の鯉」〜〜^^
この選択が「吉」とでるか「凶」とでるか〜〜笑
とりあえずは、自分の股関節を治してフツーに歩けるようになりたい。
そして、ココロもカラダも一番いい状態でkunちゃんの自宅介護を再スタートしたい。
kunちゃんが病院に居る間がkao身体メンテのチャンスととらえようと思って決断した〜
「いつやるの?」 「今でしょ〜〜!!」  
自己決!  笑::

超大忙しの日〜〜^0ー  1・15」への1件のフィードバック

  • 2021年1月16日 3:03 PM
    パーマリンク

    Kaoさんも近代医学に助けられてるんですねえ!!
    私20年前に生まれていたら 今頃 歯無しですわ〜〜、、
    私20年前に生まれていたら 今頃 昇天してるわ〜〜、、

    今 我ら遺言作成に超忙しい!!
    息子2人は日本基盤、、コロナめ〜〜ッ、、の所為で何事かあっても来れん、
    娘家族だけが頼り、、老々介護の末を考えて身体処理方法の書類作成など、、
    全部 英語じゃ〜〜ッ、、ううう、、
    、、でも、、日本の公文書も やたら難しい文で理解出来ん、、
    、、=ボケ〜〜っ、、っちゅう事かいな、、、ううう、、

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です