山暮らし3日目〜〜^0^ 10・14

山暮らし3日目。
朝は恒例の朝徘徊。
今日も真っ青な青空がのぞいてる。
気持ちいい〜〜爽やかな朝。
まず一番に暖炉に火を入れる。
これも山暮らしの恒例行事。
初代暖炉は1mの開口部の大きなものだった。
山斜面に倒れて腐っている丸太や枝も大きなまま切らずに放り込むための暖炉。
切ることは極力しない。
直径50-80の丸太も突っ込める焼却炉優先暖炉だった。
8年前にロケットストーブと暖炉を組み合わせた暖炉を作った時に、暖炉の開口部は小さくして奥行きを長くした。
これでけむりが煙突に逃げやすくして小屋中が煙で燻製状態になるのを少し防ぎ、細長い丸太を切らないで燃せるようにした。
いろいろとその時その時に工夫してる。
ただ::::暖炉上のピザ窯は未完成のまま。
椎茸やキクイモの乾燥室で終わってしまったけど。笑
薪風呂はやっぱり最高!
井戸から汲み上げた水を薪で沸かす薪風呂。
水が自然水のせいか身体にお湯が染み込んで心地よい。
この薪風呂を作ってくれたことは100点満点をあげたいな〜〜(^。^)
水も燃料もタダなのも何よりサイコー! 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です