暖炉が燃える〜!!  10・13

昨日集めた杉の枯れ枝をとってきて暖炉に火をつけた。
昔から毎朝やってたように。
山小屋の暖炉は焼却炉。
山を片付けるには枯れ枝や腐った丸太はただ黙々と燃す。
真夏でも燃す。
そのために作った暖炉。
2代目暖炉は半年も使ってやれなかったけど::::それでもこうやってたまにだけどいい仕事してくれる。
山の木々は灰になってまた山の土に帰って行く。
それが一番自然のコト。
ただ::::レンガが暖まるまではモクモクと白い煙で小屋の中も人間も燻製状態にしてくれるのが難点。
でも今はそんな煙臭も懐かしく嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です