ハーネス&マットカバーの修理〜〜^^ 1・18

噛み切られたハーネスと噛まれて大穴開けられたマットカバーの修復完了!
やれやれ・・・・・・・
大型犬用の丈夫に作られてる海外のハーネスなのに、縁取りの細い布一枚でかろうじて繋がっていた。
前回の修理(左の白い糸の)はまだベルトが半分残ってたけど、今回は完全にベルトが噛み切られてしまってて。
とりあえず補強に同じ厚さのベルトを差し込んで芯にして手縫いとジグザグミシンで何度も縫って・・・・なんとか繋いだ。
格好なんてこの際いってられん。
丈夫にもう一度使えるようにするのが先決。
マットカバーもファスナーを粉々に噛まれるので、今回はファスナーやめて袋状に作ったのに、今度は大穴が何箇所も。。。もうため息もでんわ・・・涙
こんなことするのは、ほとんどマドレーヌ・・・・・いい子なのに・・・困ったもんだ。。。
去年思い切って新しいミシンにしてほんと助かった。
母の半世紀以上前の古いミシンだったらこんな厚物はとても縫えなかったもの。
今のは安くても相当な厚物縫えるんだもの。
古いモノを大切に使う時代ではないのか。。。なんか複雑な気持ち。
母の古いミシンをなんとか使い続けたいと修理に出したのだが結局一年も持たず・・・部品もなくて。
結局2台のミシンの修理代と送料で、今のミシンが3台ぐらい買える金額になってしまって、最終的に使えなくなって。
なんか・・・なぁ・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です