必殺 サカマキガイ! 5・31

水瓶の藻の除去してたら・・・
サカマキガイ(スネール)がここ数日でどっと繁殖してきた〜〜ヤバイ!ーー;;
※※※スネール(スネイル)とはカタツムリまたはタニシのような巻貝を表す英単語snailの意味で、アクアリウムにおいては水槽内に意図せず表れる厄介者の巻貝の総称。
アクアリウムでスネールと呼称される貝には数種類が存在し、モノアラガイ、サカマキガイ、カワコザラガイ、イシマキガイ、レッドラムズホーンなどがいる。
その中でもモノアラガイ、サカマキガイ、カワコザラガイの3種類の貝は意図せず大量発生することが多く、増える力(繁殖力)も強いので水槽内では特に厄介者。
サカマキガイは年中産卵ができ、条件が整えば1匹でも繁殖できるため、繁殖し放題・・・。
数が増えればそれだけ糞も増えて、水が汚れる。※※※
ヤバイ!ヤバイ!!
去年もせっせと取り除いていたのだが・・・・調べたが・・・マメに除去するしかないみたい・・・ーー;;;
同じ貝でもタニシや石巻貝は良い面の方が大きいそうだ。
タニシであれば、水を浄化する作用がある、極端に増えすぎない。
石巻貝であれば、水槽内に発生したコケを取る効果が高いという利点があるそうな。
必殺  サカマキガイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です