サカマキガイ〜〜ーー;;; 5・17

修復終了した水瓶に水を張ってみた。
なんとか水漏れない様子・・・やれやれ・・・
で・・・もう一つの水瓶の水漏れもこの際修復してやろうと水抜きをした。
水瓶の内側に透明な水滴のようなのがいくつもついてる・・・なんじゃ??
ひょっとして・・・サカマキガイの卵??
検索したらやっぱり「サカマキガイの卵」だった。
※「雌雄同体で他個体との交尾もするが、しばしば自家受精もする。卵生で、透明なゼラチン質の卵嚢(あるいは卵嚢塊)を水中の物体に付着させる。水温が一定以上であればほぼ1年を通して繁殖し、水槽内などでは瞬く間に増えることもある」
このサカマキガイ、水性植物を入れたら翌年から発生。
水草にくっついてきてたのか・・・ーー;;
そのつど除去してたのだが「水のお掃除屋さん」と調べたら出てきたのでそのままに。
しかーし・・さっき調べたら・・・・
「汚い水質の指標種となっているほか、ヘイケボタルの幼虫の餌とすることができる。また、飼育も容易なことから理科教育にも利用可能であるが、それ以外の利用法はほとんどない。モノアラガイ類と同様に肝蛭など吸虫類の中間宿主となることが知られるほか、浄化槽内に繁殖すると生物膜(バクテリア層)を食べてしまうなど、むしろ有害種とみなされることが多い。」
「汚い水質の指標種」って書いてある。
いいバクテリアも食べてしまう・・・・なーんて・・・えらいこっちゃがな・・・
前回どこみたんやろ??
ただ、死骸とかはちゃんと処分してくれるらしい。
それで金魚やメダカの死骸が全くないのも納得。
どうしよう・・・・やっぱ「除去」した方がいいんだろうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です