ちょい早めの内裏雛〜〜^^v 2・6

そろそろ呼び出しがかかる時期に入ったので玄関には生花はやめとこう〜^^
で・・・ちょっと早いけどお雛様を出すことにした。
1年ぶりだから1ケ月くらい飾ってあげてもいいかも〜〜^^
メインのお内裏様&お雛様はkao母のもの。
一人娘だったので7段飾りのお雛様だったみたいだのに、母がお人形遊びに普段に散々使ってしまったらしい。
五人囃子や三人官女、随身(ずいじん)、仕丁(しちょう)なども揃ってたのに結局お道具ばっかり残ってた。
去年実家を片付けてお道具も最小限残し思い切って処分。
もったいないけど・・・もう置くとこないし、飾る場所もないので。
母が生きてたら95歳だから、ほぼ100年前の内裏雛〜〜^^
一度母自身が着せ替えた十二単も装飾品もすっかりボロボロ・・・・
内裏雛の顔立ちも時代とともに随分変化してきてるがやはり100年前のこの顔立ちが一番好き。
人形師さんにリメイクしてもらうことも考えたけど・・・やっぱりこの内裏雛はこのままでいい〜〜母の手が入ってるから。
小さな内裏雛はお土産にいただいたもの。
1年に一度の内裏雛総動員〜〜^0ー
飾る時にいつもお内裏様とお雛様の位置に悩むのでネット検索。
「■雛人形の並びは地域により異なる
現在でも、京都を中心に関西地方では、向かって右・男雛、向かって左・女雛が主流です。
それ以外の地域では、向かって左・男雛、向かって右・女雛が主流の地域が多いようです。」
だそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です