墓掃除に。。。。 11・6

急に母と祖父母のお墓の掃除に行くことになって、軽トラに草刈機、掃除用具を積んで高速をぶっ飛ばす〜^^
車でしか行けないところなので、3ケ月以上行けてなくて気がかりだった。
案の定、シダが茂ってえらいことに。
いつも手刈りだと2〜3時間かかっていたが草払い機だとあっという間に粉砕〜〜@0@
やっぱ草払い機はすごーい! ホント助かった〜〜!
こっちに住んでる時は車でひとりで毎月来れてたんだけど。
山の上まで急な斜面だったのが新しく階段ができてはいるが、これからは体力も足腰もついていかなくなるだろうなぁ・・・
この季節なのにまだヤブ蚊がまとわりついてきて刺された・・・涙
今度除草剤まくしかないか・・・
30分滞在で大急ぎでとんぼ返り〜〜
息子の手を借りないと私一人じゃ年齢的にももう守りきれなくなってきてる。
本気で墓じまい考えないと。。。っとあらためて思った今日・・・

墓掃除に。。。。 11・6」への2件のフィードバック

  • 2017年11月10日 3:34 PM
    パーマリンク

    お墓 、、、、、マッサオ妻側には 墓が無いので 問題は無いのですが、、、
    マッサオ父君の墓は 九州、、でも、、お寺の中のコンパクト墓、、、
    ほんでも、、マッサオ妹は 伴侶側の墓には 入りたくない〜〜、、
    実家の墓に 入るんじゃと、、、
    、、で 100歳はというと 日本に 帰るのも大変やから 秘密基地に埋めて!
    ほんなら、お父ちゃんや 娘と 離れ離れよ〜〜っ!!
    「ええよ、もうお父ちゃんの顔も忘れて来たわ、あっちも えらい長い事 ウチを 呼ばんっちゅう事は あの世で お妾さんと楽しゅう暮らしとるわ〜〜」
    ううう〜〜ッ、、、
    こんな場合 どうしたら ええんでしょうかい???

    返信
    • 2017年11月11日 2:31 AM
      パーマリンク

      あははは〜〜100歳おばあちゃん、おもしろ〜〜い!!
      この考え方、大好きです〜〜♪

      ほんとに「お墓」は悩みのタネですよね。

      お墓のために子供達を束縛することは絶対したくなくて、自分たちのはもう10年以上前から「散骨」「樹木葬」を調べていました。
      実家のお墓は「墓じまい」すると決めているんですが・・・やっぱり一度はじいちゃんをばあちゃんの横に・・・っと。笑
      おそらくばあちゃんは「いやや!」って拒絶すると思うけど・・・まっ、最後ぐらいはええやん、30年もはなれてたんやから」って説得するつもりです。

      でも・・・いまんとこ・・・じいちゃんよか私の方が先に逝きそうな予感で・・・そうなりゃ子供達に墓じまいしてもらうしかないです〜笑
      思うようにいかんもんですわ〜〜^^

      私とkunちゃんは自分たちの山にばらまいてもらう約束。

      kunちゃんにはそれとなく話してたので理解してくれてるはず〜〜笑
      他の見知らぬ土地で樹木葬よりは自分ちの山の杉の栄養にもなるし〜〜笑
      kunちゃんはまだ自宅・・・・何度も面倒だから1回で済むように私のといっしょにばらまいてもらう予定です〜〜笑

      親父とお袋が夜な夜な出てきて山作業してたら恐ろしいもんがあるな〜って子供達。

      kunちゃん、事故った時に「あの山小屋はクローズしておけ」って言ったんです。
      「自分の遊び」のための山だったから〜〜〜っていうことだったのかも〜^^
      ほんまに最後まで身勝手なヒト〜〜笑

      私はずっとずっと「家族みんなの宝物・絆」と思ってやってきてたのに・・・ねえ・・・笑

      子供達も「クローズなんてしないよ。なんとかみんなで維持して行く」っていってくれてるのに〜〜ねっ。
      親父ってそんなもんなんでしょうかね〜〜笑

      じいちゃんももう自分の嫁さんの名前も忘れてました〜〜ーー;;
      きっとあの世で会っても「あんた誰や?」かも〜〜〜^^

      60代と100歳じゃ・・・そら、もう顔もわからんでしょうねえ〜〜笑

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です