まばたき〜眼力〜〜ww 12・3

先日メガネを作るために眼科で検査してもらい処方箋を出してもらった。
その時に丁度いい機会だからと予約をしていた緑内障の検査をした。
暗室の中で光が見えたら手元のボタンを押す検査と瞬きを4秒ほど停止しての検査。
30分ほどの検査だが「瞬きの調節」がこんなにも難しいことかと改めて思った。
今まで「瞬き」なんか意識したことはなかった。
「1・2・3・4」と数える間瞬きをしないっていうことがこんなにも大変なことだったとは・・・びっくりだった。
神経を集中して懸命に瞬きを堪えようとすればするほど瞬きしてしまう。
悔しいので「くそっ!」っと目に力を入れれば入れるほど瞬きしてしまう。w
いっぱいの「眼力」を込めたのに・・・無念。
なんとか検査終了したが・・・疲れたぁあぁあぁ〜〜
結果は今のところは異常なく4年後ぐらいにまた検査すればいいらしいのでほっとした。
目は身体の部品の中でも大切な部分なのについついなおざりになってしまってる。
毎日毎日酷使してるのに、余程異常がないと眼科にいかない。
「見えてるコト」が自分の中で当たり前になってしまってるコトを反省。
目が見え、口からモノが食べられ、そしてちゃんと排泄される。
手が動き、指が動き、足が動き、喋れて聞こえるコトの有り難さ。
いろんな体験をしてその度に感謝しなきゃ〜って思ったはずなのにすぐに忘れてしまってる。
70年間もずっと一緒に生きてきたのに、自分のカラダのことってなーにも知らないんだとつくづく思う。
この年になってもどこかで、動いてくれるコトが「当たり前」だと思ってる〜〜いかんいかん〜〜^v^