5年前の思い出〜〜^^ 6・20

もう・・・5年も前になるんだなぁ・・・・・
もう・・もう・・すっかり記憶から消え去ってしまってた・・・
改めてこんなことがあったんだ〜と。
人間てうまくできてるのかな。。。辛かったこと、苦しかったことは自分の記憶の中から消えさせる。。。そして前に進む力にする〜って。
いやいや、多分これは私だけ(W)なのかも・・・笑
人がみんなそんな特技(?)持ってたら・・・きっと、世の中に心の病かかる人はいなくなるかも・・・・
たぶん、たぶん・・・これって母じゃなくて父から譲り受けたのだと改めて納得。笑
5年前も「えらいことだ」「大変だ」「辛い」「しんどい」なんて全く考えなかった。
ただただその時をなんとかしなくっちゃ〜〜だけで夢中だった。
読みながらも・・・「へええ・・そんなことあったんだ__」って人ごとみたいな感じ。
やっぱ、私って根っからのノーテンキなんだなぁ・・・って今更思った日〜^笑^

*************************************************************************

5年前
この日の思い出を見る
**************************************************************************

2014年6月13日 ·
*************************::
今日は退院前の実習。

病室にカフアシストの業者さんと呼吸器の業者さんが来て下さっての実習〜〜^^

そこにナースさんの「痰吸引」と「胃瘻からの栄養剤注入」の実習〜〜^^

カフアシストと痰吸引は一連の作業のため・・・・・大汗〜〜大汗〜〜額から流れる汗・・・背中を流れる汗・・・・

冷や汗も追加して・・・もう・・・カラダ中が汗まみれ〜〜服ずくずく・・・ーー;;;

何年分の汗がでちゃったかも〜って感じだった・・・汗;;;

痰吸引は12月に一時自宅介護になった1週間だけやったが、それ以来。

痰吸引は先週も2回、ナースさん介助の元でやったが・・・「カフアシスト→痰吸引→カフアシスト」の行程を一人で・・・は初めて。

おろおろ〜うろうろ〜〜あわあわ〜〜・・・もう・・・なにがなんやらわからん状態。

「上手〜上手、いいですよー奥さん〜^^」「ゆっくりやってください〜」って業者さんもナースさんも励ましの声かけして下さるが・・・やってる本人は、もうそれどころじゃない。

一番不安そうなのがkunちゃん。

「どんくさいkaoで、ほんとに大丈夫か・・・」って思ってるんだろうなぁ・・・きっと。

「kunさん、奥さん、上手にできてますよ〜大丈夫よー」ってナースさんがkunちゃんに言って下さったが・・・・ずっとすごく不安そうな顔・・・・>0<;;;

冷静になろうとすればするほど、あわあわ〜〜と大汗・・・・涙

ようやく「カフアシストと痰吸引」実習が終わった。

待っていて下さった呼吸器の業者さん、「今日はたくさんやられてお疲れでしょうから呼吸器の実習はまた後日にしましょうか」っと。

余りのあわあわ〜おろおろ〜振りに哀れに思われたかな〜〜笑;;;

業者さんが帰られてホッとしたのもつかの間、ナースさんが「お食事を入れてみましょうか〜〜」っと。

そこから1時間、胃瘻からのお薬と栄養剤の注入手順をみっちり〜〜

「奥様がしっかり覚えられてないと退院されてから困りますからね!」

「ハイ!」

それぞれに介護の仕方が違うので、「kunちゃん仕様の介護の仕方」を自宅介護になってもしばらくはヘルパーさんや訪問看護士さんにやり方を指導しないといけない。

しっかり覚えなきゃ〜! っと思うが。。。「kaoのーみそ」になかなか吸収してくれない情けなさ。

「慣れですよ〜〜慣れたらそんなに難しくないですからね〜^^」

そう言われても・・・今は「やれるやろか・・」っと自信が萎えそう・・・

でも・・・そのやりとりを黙って聞いてるkunちゃんが一番不安になってるんだろうに。。。

なんとか退院の23日までにマスターしなきゃ〜〜

16日にカフアシストの業者さんが他の患者さんのことで病院にこられるというので、もう一度その日に実習をお願いした〜〜

今度は娘といっしょに〜っと。笑

「覚える」ことは、やっぱり//////こうなったら・・・子頼み〜〜笑;;;

去年も車椅子やリフトの操作のヘルパ−さんたちへの指導はすべて娘におまかせだった〜〜笑

ほんと・・・覚え悪くて情けなくなる・・・涙

********

去年来て下さっていた訪問医のK先生が膀胱路、胃瘻、気管支の取り替えOKとなってやれやれ〜
(胃瘻の取り替えできる訪問医が少ないのでちょっと不安だった)

訪問看護士さんの事業所も、ヘルパー事業所もなんとか決まり、18日には介護して下さる方達がうちで業者さんからの講習を受けられるそう。
kunちゃんの退院前に一通りの器具の使い方を勉強しておくことが必要とケアマネさんたちが企画してくださったらしい。

去年の4〜8月までの自宅介護と比べ、いろんな器具も増え、すべてが初めての介護となる。

でも、これだけのたくさんの方達のサポートを受けられることは幸せ〜^^

みんなの元気をいただきながら、一歩一歩前に進もう〜〜^0−

マイナスをプラスに変えて行けば0だよ〜^^

きっと、その先には「いいこと」が待ってるよ〜kunちゃん!