北軽のシラネアオイが一輪〜〜^^ 5・20

「シラネアオイ咲いたぞ〜!北軽初の一輪や〜^^」っと写真とメッセージが入った〜^^
やったね!!  嬉しい!!
長かったぁぁぁ・・・・・ほんと長かったなぁ〜〜
北海道に引っ越しされる山の竹工房のKさんからタネで育てて2年経ってやっと一枚葉が出てきた黒ポットのシラネアオイの苗を100ポット頂いたので1912年春に北軽小屋に運んできた〜〜^^
北軽の小屋の山斜面に移植してあたりを一面「シラネアオイのお花畑」にするために。w
しばらく北軽の環境に慣らすために日陰の山斜面に黒ポットのまま土をかぶせて保存〜〜馴染んでくれたら翌年頃に山斜面に移植しようと思っていた。
しかーし・・・事情が変わってしまって、この年の夏以降、もう北軽小屋に来ることができなくて・・・・
それから5年後、ようやく娘一家と北軽に来れた時に大急ぎで黒ポットのシラネアオイの苗を山斜面に移植したのだ。
それから2年・・・・ようやく花をつけ始めてくれたシラネアオイ。
日陰で黒ポットのまま5年間も放置してたので痩せっぽちのひょろひょろ苗で根がポットで巻いてしまってた。
そのせいか、今のところ落ち葉の間から元気な姿を見せてくれてるのは8株ぐらいだそうだ。
イメージでは100株全部は無理としてもせめて半分は根付いてくれると予想してたので・・・しょうがないことだけど・・・悔しいのも本音。
でも、あの状態で8株も元気で育ってくれたことだけでもありがたいと思わなきゃ〜〜^^
後山の山小屋で自生してた「シュンランとヤマアジサイ」で山をお花畑にするのが一番最初の夢だった〜^^
しかーし・・・・ネット張っても張っても鹿さんに入られて山野草は全滅。
次は畑で育てた水芭蕉を沢水を引き込んだ山の斜面にいっぱい育てて水芭蕉のお花畑を作ること。
しかーし・・・杉の林は日が当たらなくて、杉の木を相当切り倒さなければできないことに気づき・・・断念。
そして日当たりのいい雑木の北軽小屋周りにシラネアオイのお花畑を〜〜っと夢を描いてたのだが・・・
自分の体力と老化も考えずに夢ばっかり追っかけた25年。
婆さんのノーミソがお花畑〜〜笑
全部叶えられなかったけど、素晴らしい夢を何度も見られたことはやっぱ幸せだったかな〜^^
「坂のとこに植えた「鬱金桜」は花咲いてるやろか?」
写真が送られてきた〜〜〜やったね! 黄緑色の鬱金桜も咲いてた~〜♪
もう・・・10年だもんなぁ。。。w
一年に一度、その咲いてる時期にうまく遭遇できないと見ることはできない花〜〜

初めて咲いたシラネアオイの花一輪〜〜♪

10年前に植えた鬱金桜の花が咲いてる〜〜^^

>黄緑色の花が咲いてる〜〜^^

咲いた〜咲いた〜^^

北軽に運んで山斜面に黒ポットのまま置いてたシラネアオイの苗。

1912年5月6日に撮った写真。