3年前の今日・・・・ 4・23

そうか::::::実家の庭の木々を全部切ってしまったのもう3年前なのか:::::
小さい頃からあった木々、40年前に家族で戻ってきてから庭に植えてきた木々や草花〜〜
それらを全て切るという決断はきつかったなあ:::::
新しい庭には木はもう植えないでおこう!って思ってたのに:::::やっぱ植えてしまってる。笑::
庭が小さいので今度は観葉植物やサボテンに移行。笑
kunちゃんの部屋は今は冬場の観葉植物の置き場と化し:::::::
厄介な性分は治らんなあ:::::汗

************
3年前
この日の思い出を見る

***********
2016年4月23日

************
実家の庭の樹々がすべてなくなった・・・・・きれいサッパリ・・・

残したいモノもいっぱいあったが・・・それを言ってたら前に進めない。

築50年の父の温室、触ったら倒れそうなボロ物置が丸見えになった〜^笑^


30〜40年かけて小さな苗木から育てた樹々がチェンソーで切られていくのをみるのは・・・切ない。

一本一本に長い年月の思い出が詰め込まれている。

毎年、毎年花が咲き、実がついて楽しませてくれた樹々・・・

「やぁ。。。切ってしまわれるの・・・いつも楽しみに観させてもらってたのに・・」「あんなにいっぱい花が咲いてたのに・・もったいないねえ・・・」「木がかわいそう・・・」・・・

ご近所の方達が入れ替わり立ち代り・・・笑;;;;

4年前までは一番高い三脚に乗って樹の剪定もしてたけど・・・・もう体力がついていかない・・いや・・・もう・・できない。
3年間誰も住んでなかった代償は大きい。
ご近所にも迷惑かけたくないし。

すぐに大きく茂って電線にかぶってしまう樹々・・・

これからの季節、草ボーボーで手がつけられなくなってしまう庭・・・

この「負の遺産」は自分で処理して綺麗に去っていかなきゃ〜〜^^
「命の寸法」は誰にもわからない。
今やらなきゃ、いつやる?

自分との自問自答の末、決断をした。

切った樹々をベニヤで囲った軽トラ荷台に高積みして市の処理場に持っていく。
1台分ほぼ3000円〜〜自分で処理場に降ろさなければならない。
2台の軽トラでピストン運転して運んでも5時間の間に2往復が限度。
また日を変えてあと2回は運ばないと片付かない。

内心は数本残して・・・って思ってたが、またこの労力・処理代を考えると・・・「いいです!もう全部切ってください!」になった。笑

もう・・・「花綺麗ね〜^^」って言ってる時代ではなくなったんだね〜〜現実は厳しい〜〜笑

なーんも遮るものがなくなった庭〜〜なんか吹っ切れた。

ありゃまっ、意外と広かったんだねえ〜〜笑

残してもらったワタシの人生・・・悔い残さないように今自分のやれることからやっていこう〜〜の一歩前進〜〜^^v