今日も猛暑!!  7・15

今日も猛暑!

11時で33度・・・室内も30度超えた〜
まだ扇風機でがんばってる〜^w^
(婆さんはこうやって頑張ろうとするから倒れるんかな〜笑;;)

あまりの暑さに庭の草花が参ってる・・・これからが酷暑なのに・・

それにしても今年の夏は異常じゃないのか。。。ココで33〜36度って・・・ちょっとひどすぎ!

この暑い中、2つ目のグラジオラスの花が開いた。
なんと「紫色」〜〜@0@
昨年末見切り球根を買ったのでどんなのが咲くか全くわからなかった。
茎もひ弱そうだし・・・
咲いたのが濃い紫色の花。
グラジオラスの紫は初めて。

パイナップルリリーももう直ぐ一番上の蕾が開いたらおしまい。

パラシュートプランツ、復活してきたらツルも伸び始め小さな蕾も次々ついてくれた〜^^

沢渡りの木の花ももうおしまいか。
茶色くなって芯に黄緑のこの色のグラデーションって好きだ。
はじめてでここまで楽しませてくれて感謝。

アオバハゴロモの幼虫の羽化が始まった。
ポツポツと薄黄緑の成虫が出てきてる。
庭中に広がってしまったアオバハゴロモ幼虫。
植物の汁を吸うらしいのだがそんなに多くの害を与えるレベルでないのだが、この幼虫がまとってるワタのような真っ白なモノが大問題。
このワタ状のモノはネバネバしててしっかりと茎にくっつく。
幼虫が成虫になって飛んでいってもこの白いワタ状のものはずーーっと冬も植物の茎やあっちこっちにくっついたまま。
それが見た目見苦しくて園芸では「害虫」になってるみたい。
このふわふわワタに保護されてるので駆除の薬も効かないそう。
仲良く共存できればいいのに・・・

フィカス・ウンベラータの花〜〜♪ 7・15

M-ちゃんとこの「フィカス・ウンベラータ」が随分大きくはなったけど幹が太くならないねえ〜〜って話してて、ふっと幹にコブのようなものが1ケあるのを発見!
 
ん? ひょっとして・・・花か??
 
やっぱ、「花」だった〜〜@0@v
ウンベラータはイチジクの仲間とはかすかに覚えてはいたのだが、本当にイチジクの花と同じような花が咲くんだ〜〜@@
初見!
いいもの見せてもらった〜〜感激!
 
日本の山地などで自生するイヌビワの花(花嚢)とよく似てる〜
やっぱり、同じクワ科イチジク属の仲間だとはっきりわかる^^
 
実家庭にも鳥が運んできたのかイヌビワが花壇のブロックの隙間から勝手に出てきて気をゆるしてたらどんどん大きくなってしまって。
切っても切ってもすぐ出てくるのでイヌビワが嫌いになってしまったっけ。w;;
 
イチジク属のものは熱帯性が多いそうだ。
それで観葉植物に多いってわけか・・・納得。
 
栄養分を花に取られるので花はとっちゃった方がいいと書いてあるのもあるけど・・・
 
落ちたら半分に切ってみたいな〜〜^wー