雨の日の花〜〜♪ 5・31

今日もどんよりとした鼠色の空。
もう雨上がってくれるかと期待したのに大きな雨音をたてて降る雨・・・・
もう梅雨?
気温も上がらなくて肌寒い。
昨日オレンジのスカシユリ2本切ったのに、今日は別のユリの花が開いてた〜〜@@
これもスカシユリかな?
球根も去年末に見切りで購入したので咲くまでわからない〜笑
今まで植えたことがない素敵な色合いのユリの花でよかった〜〜^0ー
一斉に開いたアヤメ系らしい薄紫の花も庭に花を添えてくれてる。
アリウムはこれで満開かな〜^^
スモークツリーも満開〜^^
火曜日に200円でゲットした斑入りハイビスカスの花が咲いた〜〜^^
10ケほど蕾持ってるのでずいぶんと楽しめそう〜〜^0ーv

バチャバチャ〜ビチャビチャ〜^^  5・30

今日は朝からバチャバチャと雨。
気温も18度以上は上がらず肌寒い。
水路上空を朝からツバメが忙しく飛び回って
る〜^^
何羽いるんだろう〜〜
どこに巣作りしてるんだろう〜〜
子育てで餌捕りが大忙しいなのかな〜〜
雨の中ご苦労さんです〜^^
親御さんは大変だ〜^0ー
まい・がーでんも、借景のニセアカシアも青々と茂って鬱蒼としてきた〜^^
オレンジ色のスカシユリがあまりにも立派なんでスーちゃんとkunちゃんに一本づつ切った〜^^
残った2本もいっぱい蕾持ってるから〜^^
紫陽花もそろそろ〜^^
ちっちゃな庭なので雨の日は下に降りるとビチャビチャ・・・・ーー;;
もうすぐ梅雨にはいるのかな〜

買っちゃった・・・¥ー$ー¥ 5・29

歯医者さんの帰り、いつものルートと反対にまわる。
最後はやっぱりいつもの花屋さんの入る駅デパに自然と吸い込まれていく〜〜〜〜^笑^
お店には切り花以外なーんもなくて駐車場2時間確保分の駐車券をもらって、再度花屋さんの横を通過。
なんと、なんと苗や鉢物をびっしり積んだ大きなカートが数台入っててすごい人だかりが・・・・@0@
みんなこれを待ってたのか・・・@@
帰る予定だったのに苗、鉢物見たら・・・つい・・・つい・・・
何が入荷してくるか、見るまでわからないっていうお店なんで・・・つい・・・つい・・・
やれやれ・・カゴいっぱい買っちゃった・・・・汗;;
それにしても、すごい人だかり・・・バーゲンセールってこんな感じなんだろか・・・若い時から人混み大嫌いなので人いっぱいは絶対避ける婆さんなのに・・・・今回はのめりこんじゃった・・・・笑;;
なんと・・なんと・・・2000円以上もはたいてしまったぁぁ・・・最高額かなぁ・・
もう・・汗だくで・・・汗;;;
フィカス、斑入りハイビスカスは200円、ウチョウラン(羽蝶蘭)は300円・・それ以外は全部100円〜〜^0ー
とっても綺麗な「オオタニワタリ」鉢物が700円であったのでほしかったけど、さすが700円では諦めた・・・・ーー;;
300〜400円だったら買っちゃってたかも・・・笑;;;
やれやれ・・・¥ー$ー¥

ヒメクロテントウ幼虫さん〜〜^0ーv 5・29

アピオスに群がってるアブラムシとアリの中に真っ白な幼虫発見!
ヒメクロテントウ幼虫〜〜♪
昨日成虫デジしてたから、これで幼虫&成虫セット完成〜〜^0ーv
今までも結構撮ってたのだけど、ちゃんと名前の整理してなかったので在庫検索しても出て来ない。
ヒメクロテントウは2mmほどなのでマイ・デジカメではなかなかマクロが鮮明に撮れなくて悔しい。
かといって・・・今更高額なマクロ機能ついてるデジカメなんか買ってももったいないだけだし・・・・ーー;;
携帯カメラの方がデジカメよか鮮明なんだけど・・マクロはダメなのよねえ・・・悩ましい・・・
携帯カメラに押されてデジカメが衰退しちゃって「接写1
cm」の手頃なデジカメがなくなっちゃってさみしいな〜^^;
そんなに需要ないのかなぁ・・・困ったものだ

ゲット花苗〜^^  5・28

同じくいつもの花屋さんでゲット。
全部1ポット100円〜^^
左から「メカルドニア モンフレール(ゴマノハグサ科)」、ツクシカラマツ(キンポウゲ科)、「ホヤ」〜〜^^
ホヤなんかプラの空き缶を模した白い入れ物に入ってるのに100円・・・一体原価はいくらなんやろ??ってすぐ思ってしまう婆さん・・・笑
ホヤが冬の寒さで大分傷んでしまって急ぎ春先に挿し木したけどまだやっと根が出はじめてる段階なので大きくなるのはまだまだ先。
ホヤの花を見たいのがホヤを育てる目的なので・・・急遽元気なホヤを補う必要になって。ーー;;
100円でこの大きさならいっか〜^っと・・・笑
2鉢目は自家製と決めているので同じ種の苗購入には抵抗があるんだけど・・・しゃーない・・・^w^

ザトウムシ〜〜^^ 5・28

玄関前にザトウムシがいるのでデジしたが、なんか変?
このザトウムシ、足が短すぎ!体が大きすぎ!
山のザトウムシはもっと胴がちっちゃくて足が長くて細いんだけど・・・・
ほんまにザトウムシかな?
検索したら・・・やっぱザトウムシでいいみたいだ。
初めてザトウムシに出会ったのは山小屋を作るので訓ちゃんが「高天原の〜〜〜」って下請けさんに教わった文言を唱えてお祓いをしてた時。
お供えしてたスルメになんか足がすっごく長くて胴体が米粒みたいな気持ち悪い虫がいっぱい寄ってきて・・・・
当時は虫は苦手だったのでただただ「きもーー!!」だった。
好奇心で図鑑でしらべたら「メクラグモ」とでてて。
山にはふつーにいっぱいいるので慣れっこになってあまりデジもしなくなって。笑
でも胴体はいろんな色・模様・形があるのは面白かった〜^^
いっぱい出あったけど足の長さが三分の一、胴も倍も大きくずんぐりむっくり感いっぱいのザトウムシがいるなんて、ココで初めて出会ってびっくり!
こんなだったらいろんなとこで出会ったザトウムシをもっとデジデジしときゃよかったなぁっとちょっぴり後悔。
ちなみに20数年前は「メクラグモ」と図鑑に出ていたが途中から差別用語だということで「ザトウムシ(座頭虫)」に変更された。
いろいろと難しい時代・・・・
しかし婆脳味噌は最初にインプットしたのしか出て来なくて・・・・・涙
ちなみに・・・ザトウムシは蜘蛛の仲間ではない。
*******
ザトウムシ・・・・節足動物門鋏角亜門クモ綱ザトウムシ目に属する動物の総称である。非常に足の長いものがあり、豆に針金の足をつけたような独特の姿をしている。長い足で前を探りながら歩く様子から、座頭虫の名がある。
一瞥するとクモを連想させる外見で、俗称としてメクラグモと呼ばれることもあるが、クモとは別グループに属する。
最古の化石記録は4億1千万年前(デボン紀に相当)のものが知られている。
英語圏の名称は(刈り入れ人夫)、特に米国では“あしながおじさん”

2018・5・28ザトウムシ(メクラグモ)

2002年ザトウムシ

th_2004・6・2ザトウムシ


th_2004・7・11ザトウムシ

ヘッドカラーサボテン〜〜^0^v 5・28

いつもの花屋さんに昔からずーっとなんでこうなるんだろうと「??」だったサボテンが200円だったので・・・買っちゃった・・・汗;;

さっそく検索。

*******
ヒボタン(緋牡丹)の特徴

緋牡丹は、サボテン科ギムノカリキウム属の球状サボテンで、全体が鮮やかな赤色をしています。葉緑素をもたないため、単体での生育は不可能で、多くは他の柱状サボテンを台木として、その先端に接ぎ木して育てられます。もとはパラグアイ原産の赤い斑入りの種を日本で改良し、全体が赤く接ぎ木によって生育可能にしたものです。生育方法は一般的なサボテンとほぼ同じですが、単独では生育できない接木サボテンという特性上、長く生育することは難しく、大きく成長する姿を楽しむものではなく、入手したときの姿をそのまま堪能する切り花のような存在と捉えたほうがよいでしょう。

*********
「カラーヘッドサボテン」ともいうらしく、頭が真っ赤なの、黄色いのがあるそうでそれで「カラーヘッド」なのか・・・・^w^

真っ赤な緋牡丹じゃなくて今回買ったのはちょっとエンジ色。
これも「緋牡丹」って言うのかなぁ・・・
検索画像にはこのエンジ色は出て来ないんだけど・・・

ブライダルベール〜〜^^ 5・27

去年、夏水仙の植木鉢に挿し木してたブライダルベールが鉢の下に垂れ下がって茂ってすごいことに。
室内で越冬させてたので、暖かくなってこの伸びたブライダルベールをチョッキンチョッキンしていろんな鉢にブスブス挿してたらまた今年もブライダルベールであっちこっちがいっぱいに。^w^
冬さえうまく越せばほんとに強い植物だと感心する。

マツバギク〜〜^^ 5・27

今年の寒さで半分以上枯れてしまったマツバギク。
どこまで回復してくれるかなと期待してたがもう、ここまで待っても厳しいので
この際思い切ってカット!
大きなビニール袋いっぱいになった。
ここでもう3年以上・・・せっかくいい形に仕上がって来てたので・・・ちょっと残念だけど。
もう根元は「木」になっちゃってる・・・・ーー;;
今咲いてる花が終わったらバッサリ切って「次世代」の「挿し木っこ」に繋いだ方が良さそうな気がして来た〜^^
ご苦労さん!アリガト!