5年目〜〜^0^ 2・2

今日は1年ごとのレントゲン検査で病院へ。
2013年の2月に右股関節の人工股関節置換手術をしてはや5年が過ぎたことになる。
いつの間にか5年・・・
手術宣告されたのがその5年前。
身体にメス入れるなんてとんでもない!と思って拒否。
手術した後は山作業や畑作業なんてとんでもない!って整形の医師に言われて、必死に手術以外のやり方を模索。
どんなことしてでも手術しないで治す!と決めて、整体・鍼・ヨガ・ブロック注射をしてもらいに福井県まで特急や車で通ったことも。
でも・・・状況はだんだん悪化するばかり。
「元を断たなきゃダメだよ」って息子に何度も言われたがガンと聴かず・・・^w^
そこにkunちゃんの介護・・・・手術が失敗したら夫婦で車椅子になったらどうするんだよーっとますます手術には踏み切れず。
杖をついて買い物に出かけ、荷物持ってマンションにたどり着けなくてkunちゃんのヘルパーさんに途中まで迎えにきてもらうことになったり・・・
車から部屋までが痛みで歩けなくなってしまい、もう限界と手術を決意。
ただ・・・kunちゃんの再々入院と重なってダブル入院に。
子供達に助けてもらってなんとか1ケ月で退院。
入院中リハビリの歩行練習ではじめの一歩歩くことがどうやって歩くのかわからなくて悪戦苦闘。
今までふつーに歩いてことがこんなに難しいことだったとは・・・
足で歩き・手が動くことがどんなに素晴らしくありがたいことかを身を以て体験、そしてその「あたりまえ」に心から感謝。
それに比べ・・・手も足も動かせないkunちゃんの心の痛みを思い一番きつかった時期。
「夫婦で”障害者”になっちゃったね」って笑うしかなかった日々。
1年目で杖なしでスタスタ歩け、2年目からはワン散歩について行って近くの山を散歩〜〜^^
結構岩の多い山道も登れてる〜〜^^
医師に「山道もいってます」っていうとびっくりされていた。
ただ・・・無理して人工股関節が外れたら再手術になるので用心はしてる〜〜^w^
入院中に勝手に動いてしまう同室の高齢者の方達に看護師さんが「再手術」で何度も来られる方がいるんですからね」っと口すっぱく注意されていたっけ。
人工股関節に肉が盛ってきたら外れにくくなるそうだ〜〜笑
レントゲンに映し出されたマイ股関節〜〜うむうむ、手術したトコは全く異常なし。
人工もんがちゃんと体に馴染んで仕事してくれてるようで一安心〜〜^^
ただ・・・相方の左股関節がちょい、やばい模様。
磨り減ったとこに「トゲ」のように骨が膨れてきてる。
まだ軟骨があって隙間あるし、右の時みたいにめり込んできてないからまだ使えるみたい。
時々痛み出るのはこのトゲみたいに出てきた骨が悪さするらしい。
色々回り聞いても片方手術したら、数年後にはもう片方手術されてる方が多い。
使いすぎというよりはやはり「老化」が一番みたいだけど・・・
願わくば左股関節には寿命のある間は頑張って働いてもらいたいと切に願う。
もうちょっとだけがんばれ〜〜〜、私の股関節〜〜^^笑
1年後の予約とって帰ってきた〜〜^0ー
人間の体ってうまく出来てるし賢いから唱えるように言い聞かせてたら願い聞いてくれるかもしれないね〜〜^w^v

6年前の今日〜〜^0ー  2・2

6年前(2012年)の2月2日のフェイスブックが出てきた。
「あれは〜6年前〜〜♪」^w^
そっか・・・6年前なのか・・・
もっともっと昔のような〜〜すぐ前のような〜〜なんか不思議な感じ。
この年のお正月に20年余り使ってきた自作暖炉を惜しげも無くぶっ壊してロケットストーブ&暖炉に作り変える作業にとりかかったkunちゃん。
一番厳しい寒さの時期なのに丸い灯油ストーブだけでマイナス気温の山小屋の中で必死に作業してたっけ・・・まるで何かに取り憑かれたように・・・・声かけるのも怖かった・・・・思い出。

””””””””””””””””””””””
前年夏に八ヶ岳にkunちゃんの憧れの人に会いに行った。
昔ログハウスの雑誌で八ヶ岳で廃材で小屋を作られてる「廃材王国カナディアンファーム」のハセヤンを知ってからずっとずっと憧れていたkunちゃん〜^^
念願叶ってやっと行くことに。
ファームを見学させてもらってたら、たまたまハセヤンがおられて。
国内・世界中を飛び回っておられるハセヤンが八ヶ岳に滞在されてる日に遭遇できるなんてほんと珍しいことなんですよーってスタッフみんなに言われたっけ。
それから1時間あまりとってもフレンドリーなハセヤンはkunちゃんと意気投合してファームの小屋を一つづつ案内してくださった〜〜^0^
その時に「暖炉なんかはね、作っては潰してまた作ってって何度も気がすむまでやればいいんですよ〜」って言われた。
この言葉はkunちゃん、目から鱗だったと帰り道に何度も言っていた。
20年前の自作暖炉をロケットストーブに出会って惜しげも無くぶっ潰して新しい「ロケットストーブ&暖炉」に挑戦したkunちゃんの心の中にきっとこのハセヤンとの出会いが大きな影響を与えたと私は思ってる。
口下手で人と会話するのは超苦手なkunちゃんがハセヤンといろんな話を楽しそうにしてたなぁ〜〜〜
もう一度二人でファームに行きたかったね〜〜
いろんなことを思い出す〜〜^^

******************************
6年前
この日の思い出を見る
******************************

2012年2月2日 ·
**********
今日の「ロケットストーブ&焼却暖炉制作」の様子〜^^

昨日16時、山小屋到着。小屋に入ったら。。。。「ロケットストーブ&焼却暖炉」の制作が2日間でずいぶん進行。
焼却暖炉のアーチももう終わってしまってた。。。;;;
写真。。。。撮りそこねたぁ。。。。
kunちゃんは夢中でおそらく撮ってないだろうなぁ。。。「うん」って。。。やれやれ。。
指先が切れて血が出てる。。。。ちょっと頑張り過ぎ。。。;;;