記憶・・・・ 5・31

美容室からの帰り、駅までのんびり歩く。
2年半前に2年あまり住んでたマンションの前を通った。
バリアフリーのマンションはここ1件だけしかなく、それもただ玄関がスロープだというだけ。
お風呂場も段差があって廊下も狭く車椅子もギリギリだった。
介護ベッド、リフト、呼吸器などの器具を置いたらリビングはもういっぱい・・・
そんな中での自宅介護だった。
駐車場に回ると奥の方に住んでた部屋が少し見える。
一番大変だった時なのに、なぜだか何も思い出せない不思議。
エントランスから出入りしてた自分も車椅子のkunちゃんの姿も、記憶に霞がかかったようでなーんにも思い出せない・・・・
ほんとにここでマンション生活していたのかなぁ・・・
自分のことでないような・・・人ごとだったような・・・無感覚のようなおかしな感覚・・・
もっと懐かしいと感じるかな〜っておもったのに、なんか心が冷めている。
なんでだろう?
駅まで歩く途中に井戸がある。
震災の時、このあたりはすごい被害のところで亡くなった方も多かったそう。
新しく建て替えられた家の方が自分の敷地の井戸をわざわざみんながいつでも自由に使えるように塀の外につくられたみたいだ。
この井戸のそばを通る時、いつも大きな力をもらってたっけ。
電車のガード下の坂道を抜ける。
この坂道は股関節が痛く杖をついて歩いてた婆さんには買い物荷物を持ってはきつく・・・・・
kunちゃんについててくださったヘルパーさんに電話して迎えにきてもらったこともあったっけなぁ・・・
今は、ヒールでスタスタ歩いてる・・・・
いろんなことがあったはず・・・ありすぎたはずなのに・・・記憶がだんだん薄れていく・・・
思い出せなくなっていく・・・なんでだろう・・・ボケてきたのかなぁ・・・src=”http://dobokukenkyujyo.com/blog/wp-content/uploads/th_IMG_4222.jpg” alt=”” width=”800″ height=”600″ class=”alignnone size-full wp-image-13703″ />