玄関飾りリニューアル〜〜w 10・21

「ハロウィン」ってなんだ??
「ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe’en[※ 1][※ 2])とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
ふ〜〜〜〜〜ん・・・・なんかよくわからん。
でも時代に乗っかるのも面白いかな〜ってことで、10月31日ならまだ10日ほどあるので玄関飾りを「ハロウィン」に模様替え。
しかーし・・・イマイチいめーじがわかない。
とりあえずは100均のかぼちゃを並べてみる・・・・・むむむ・・・
収穫祭っていうから、「綿花」「にんにく」etcを並べる・・・・
なんか「オレンジ色」がメインらしいが、今庭にあるのはタイワンホトトギス・ハマギクしかないし・・・
寂しいのでアブロチンの葉っぱを入れて見た・・・・なんか物足りない。
なんかないかなぁ・・・って・・・この間からくるみボタン製造でくり抜いたクズ布が目に入った。
これって、面白くない?
孫んちのハロウィン・パーティーで部屋中にいろんなものが飾ってあった写真・・・とりあえずはお祭りなんだからにぎやかがいいのか〜〜^^
・・ってことで・・飾って見た〜〜^0^v
捨てるグズ布が最後に晴れがましい(?)舞台に〜〜^笑^

干し芋〜^^ 10・20

昨日安納芋の小さいのが袋入りで安かったので「干し芋作ろ!」っと思い立って2袋購入。
山で畑をやってた時、収穫したサツマイモの細い未熟な芋はすべて干し芋にしていた〜
未熟芋でも干したら甘みが増していい感じの干し芋になる。
畑ではネズミとの競争・・・・あいつらは特に大きく美味しい芋をちゃんとわかっててカジカジするほんと、にっくきやつ!
未熟芋なんぞ、目もくれない・・・・ーー;;
仕方なく・・・カジカジされた部分を切り取って人間様がいただいていた・・・・涙
モグラさんが掘ったトンネルを利用してうまいこと上等の餌にありついてる・・・
落花生も丁度収穫できる頃になると土の中でカジカジしては殻だけを地上に放り出す・・・もうお手上げだった。
ただ。。。まだイノシシ被害がなかっただけありがたいと思うしかなかった〜^^;
イノシシに見つかったらネズ公のカジカジくらいじゃすまないそうだから。w;
そんなことを懐かしく思いながら蒸した安納芋を細く切って干した〜〜^^
お天気のいい日が続いてるが今日は朝から強風。
デッキ手すりに乗せて干したいが、風で吹っ飛びそうなので安全なベンチ上で干す。
干し芋は大好き。
しかーし・・・不安なので絶対に国産しか買わない・・・で・・・高くてそう度々買えない・・・ノダ・・・笑;;
サツマイモ、また安い時に作ろ〜〜^0ーv

観葉植物取り込み作業〜^^ 10・20

朝の気14度。
昨日から薪ストーブ点火。
お昼になっても16度までしか上がらない。
もう観葉植物の限界かもっと朝から室内取り込み開始。
kaoミソこねくり回ってなんとか陽のあたる窓辺の隅っこに隙間なく詰め込んだ。
ギューギュー詰めやぁぁ〜〜!
すまん! 冬の間我慢してくれ〜^^;

トチの実アク抜きに挑戦! 10・20

さっそく「トチの実のアク抜き」に挑戦!
***********
<レシピ2>
バケツを用意し、その中に栃の実といっぱいの水を入れ、2~3日間そのまま置いておく。(中にいる虫を取り除く作業)
********:
今年のトチの実は粒が小さいみたいだって三男。
とりあえずは「アク抜き」をクリアしないと前に進めない。
「トチの実」でネット検索。
販売されてるんだ〜^^っと価格見てびっくらこいてひっくり返りそうになった・・・・・
アク抜きトチの実1kg5000円・・・・6kgだと3万円。@0@
アク抜きしてない実で1kg2500円だと!・・・6kgで1万5千円〜〜@0@
拾って殻からだして・・・の労力賃いれたらそんなもんか・・・な。
半年手間暇かけてアク抜きしてたら・・・そのくらいしちゃうか・・・・でもびっくり。
「アク抜きトチの実」をネットで販売してるのもびっくりだった〜
買う人・・・あるんやろか・・・・・w
「栃餅」も丸もち12ケ入りで3000円だって〜〜@0@
昔・・・そんな高くなかったのになぁ・・・
ここまで手間暇かかって、人出もないし高価になってしまったら・・・きっと日本人が大昔から食してきたトチの実食品も消えてしまう運命かも。
**********
同じようにドングリのアク抜きも大変。
昔・・・もう30数年も前、御岳山のキャンプ場に行った時、周りに「どんぐり饅頭」の旗がいっぱい立ってた。
山道の小さなお店の「どんぐり饅頭」が気になって・・でもその日はもう売り切れてしまってて。
朝一で出発する予定だったのをお店のオープン時間まで待って、開店してすぐ飛び込んで買って。
6人家族で一人1個づつ・・・残った2個はみんなで叩き合いして食った思い出〜〜^^
それからは御岳山のそばに来ると、全員の「どんぐり饅頭!!どんぐり饅頭!!」の大合唱〜〜笑
ドングリのアク抜きに3日以上かかり手間暇かかるのでいつまでつづけられるか・・・って店主の方が言われてたっけ。
あれから30年・・・まだお店やってるのかなぁ・・・
ドングリのアク抜きも昔少しやり始めて子育てバタバタで・・・根負けして諦めた記憶。
「トチの実」のこと調べてたら、もう一度挑戦してみたくなった〜笑
今なら時間いっぱいあるんだけど・・・笑

トチの実6kg〜〜@0@!  10・19

今朝宅配便で送られてきたモノは・・・・「トチの実6kg」!
すっごい量、こんなに大量に実ったのって初めてじゃないかなぁ〜@0@
この間突然「栃餅つくりた〜〜い!!」って思って、すぐに三男に「トチの実送って!」ってメッセージ入れてた。
******
北軽の小屋周りには昔からクルミの木がいっぱいあって取り放題だが、殻の中はヒダヒダが多くて実を取り出すのに一苦労。
せっかくいっぱいあるのにもったいない。。。ってみんなであれこれ挑戦してみるが爪楊枝や竹串でホジホジするしか方法がなくて・・・
すんごい努力の割には全く報われない作業・・・次第に・・・やーめた!ってなった。笑
リスやアカネズミはあの硬い殻に直径10mmくらいの穴を綺麗に開けて上手に実を食べてる・・・・これがほんと不思議・・・
昔、次男が胡桃を採ってたら、リスが「俺らの食べ物採っちゃうのか!」ってうらめしそうにずっと周りをウロウロしてたって話してた。w
でも、その当時はトチノキの存在は全く知らなくて、夫婦でゆっくりと北軽小屋にくるようになって、周りをマメにデジ徘徊するようになって「わっ!トチノキがあったんだ〜〜!」ってびっくり。
しかも大きな大木が2本も。
「トチの実=栃餅」がインプットされてるのでやってみたくて色々調べるが・・・「私じゃ無理!」って諦めていた。
その頃ちょうど山のお友達が山の奥でやっとトチの実見つけたので「栃餅」作るためにうちの山小屋の横の沢で10日間ほどさらさせて欲しいと持ってこられ、作り方も見せていただき試食もし、私でもできるかもっと。
でも・・・いろいろバタバタして・・北軽にも行けなくなって、トチの実の存在もすっかり忘れてしまってた。
そろそろ人生の終活に入ってきて、kaoミソがまだやり残してることをふっと思い出したのかもしれない〜〜笑
今ならまだちょっとは体力もあるし〜〜笑
栃餅の最大の難関は「アク抜き」。
11月に三男が後山の山小屋のメンテに1週間ほど滞在するという。
よっしゃ〜〜! この時にくっついていって横の沢でトチの実をさらしてみよう!!
なんてグッドタイミングなんだろう〜〜!
栃餅の作り方のレシピ、もう一度ちゃんとkaoミソに入れておかなきゃ〜〜^^
ボケてる暇ない〜〜忙しくなるぞ〜〜笑