8匹のベイビー〜〜v^♪^v 7・20

今朝5時頃から出産が始まったディアナ。
6時頃に目が覚めちゃって「小惑星リュウグウの探査に行ってる「はやぶさ2」の現在のJAXA報告ビデオを携帯でみてたら6時半頃に「今3匹生まれた。出かけるからあと頼む」って息子とバトンタッチ。

・・っといっても婆さんじゃなんも役たたんやろけど・・っと犬部屋へ。
ディアナの頭をさすって「がんばれ!」って掛け声かけるだけしかできず。
それから30分ごとに3匹生まれて計6匹〜〜^♪^v

まさかまさかこの歳になってワンちゃんの出産に立ち会うことになるなんて〜〜!!

エコーで3匹は確認されてたので6匹ってすごーーーい!

でも・・お腹がまだ大きいまま・・・
Mーちゃんはさわってみてまだ居ると思う・・・って。

でも、もう陣痛も来なくてディアナは穏やかに赤ん坊に授乳中・・・・
もういないかどうか確認のためレントゲン撮ってもらった方がいいということになった。
もし詰まってたりしたら心配なのですぐにかかりつけの獣医さんに走り婆さんは赤ん坊6匹の監視役。
毛布2枚かけてるが元気なのですぐ這い出してくるから毛布の中にチビたちを戻す役目。w

1時間しても帰って来なくて、何か大ごとになってなければいいけど・・っと不安になる。

1時間半経って電話かかって、レントゲンでまだ2匹いると判明したので陣痛促進剤で陣痛促して今一匹生まれた〜。もう一匹出るまで30分待ってるとこ」と。

わー!よかった〜よかった〜!!って思わず叫んでしまった。

11時にディアナ&赤ちゃん2匹が無事帰宅〜〜^^

なんとなんと予想以上の8匹出産の嬉しい〜嬉しいハプニングで幕を閉じた受胎から出産の2ケ月間。
何よりも何よりも8匹が無事元気で生まれたことに感謝〜感謝〜!

待ってる方も長かったけど、大きなお腹を抱えて猛暑の中しんどかったディアナの頑張りにカンパーイ!!

そして相棒のリンカーンの頑張りにもカンパーイ!!w

人間も動物も、命を生み出すことは本当に大変なこと。

8匹の小さな命を愛おしそうに舐め回るディアナの顔はとっても優しいお母さんの顔になってた〜〜^^

ディアナ、まだまだこれからだよーー!

(婆さんは9年かけて4匹だから。。。ディアナは5時間で8匹はすごーい、デカシタ!!!)笑

今年はアーモンドの実1ケだけ・・・・7・19

アーモンドの木に最後に残ったたった1ケの実がもうひび割れてきた〜完熟かな〜^^
ほんとにほんとに今年の実は1ケだけ〜
あんなについてたのにみんな落っこちてしまった・・・・・

実を撮ってたらなんか糸にぶら下がって落ちて来た。
おっ! 幼虫がいたんだ〜〜!

サクラケンモン幼虫の若齢幼虫〜10mm
黒い脱皮殻もある。
卵産み付けられてたんだ〜〜全く気がつかなかったなぁ・・・

スズメバチが葉っぱ一枚ずつ入念に調べてるから狩の餌食になっちゃいそう・・・
成虫になれるのはほんの一握り・・・・弱肉強食厳しいね。

猛暑続く。。。。。7・19

お昼に過ぎに下に降りて銀行、郵便局、買い物して午後3時過ぎ帰宅。
車のエアコン22℃にしててもあんまり冷えない。
いつもなら途中で温度上げるのに:::::外温度たかいのかな?って思いながら帰宅して部屋の温度みたら36℃。

うそやろ?っと外温度計見たらなんと38、5℃!
ぎゃー、ここで38℃越えてたら下は40℃あったんだろうか〜〜@0@

こりゃあかん!

エアコン入れた自室の作業部屋にひきこもる。

いつまでこの猛烈な暑さ続くのかなあ——-

厚て猫柄ツールームペンケース〜^^ 7・18

30cmファスナーでツールームペンケースを作ったらどんな感じになるんだろう?っと作ってみた。

同じならキャンパス生地ぐらいの厚い布地でやってみたく、丁度ハギレの中にニャンコ柄と水玉のリバシブル生地があったので作ってみた。

作る手順もなんども作らないと忘れてしまう。
どこまで覚えてるか試したかった〜^0ー

すみっこ柄の生地には接着芯を貼ったがニャンコ柄はキャンパス生地ぐらいしっかりしてたのでそのままやってみた。

手順もなんとか覚えてたのでホッとする〜〜w
(まだボケてない・・・笑)

やっぱ、厚い生地の方がしっかりしてて、出来上がりも綺麗かな〜^^

30cmファスナーで2段になると結構大きいペンケースになった。
大きすぎないかなぁ・・・・笑

2つのペンケース入れてスマートレター(180円)の厚さ制限2cmをクリアーできるかな?  w
空気抜いてぺったんこにしてみよう〜〜笑

アッパッパ〜^^  7・18

2ヶ月近くなーんもする気なかったがペンケース発注から少しミシンに向かえるように。笑

のんびりしてたら抱えてる在庫生地が生きてる間に消化できないや。笑

で・・・とりあえず夏生地でなんでもいいから簡単ワンピを量産することに。笑

柄の好みなんか言っとられん〜〜なにせ2〜30年前に買ってた生地・・・流行なんかもあるんだろうけど、ババアが着る分には誰にみられることもないしべっちょない〜べっちょない〜〜笑
ちょっと生地足りない分は他の生地を継ぎ足した〜〜ーー;;

作りながら昔こんなストンと着れる夏服って「アッパッパ」とか「ムームー」って言ってなかったかなぁ〜〜っと思い出した。

今でも使われてるのか気になってネット検索したら・・・

ちゃんとあった〜〜@0@

「アッパッパ(up a parts)は女性用の衣服の一つ。夏用の衣服として着られる、サッカー生地など木綿製のワンピースである。簡易服、または清涼服などとも呼ばれる。くいだおれ創業者の山田六郎の考案である。独特な名前は、歩くと裾がパッパと広がることから付いたという説がある。元は近畿地方での俗語である。大きめでゆったりとしたデザインが特徴。1920年代から1930年代にかけて流行した。1929年(昭和4年)は東京は四十年ぶりの猛暑であり、清涼着と名づけて売りに出されたアッパッパが流行した。」

へええええ〜〜、もう半世紀以上前のことだから消えちゃってると思ってた〜〜@0@
ワタシ、昭和24年生なんだけど知ってる・・・古い人間か・・・笑
それにTVの「お笑い」でなんか抜けてる人のことを「お前の頭アッパッパか?」って言ってたような・・・・古〜〜汗;;

今はおしゃれな名前がついてるからわかんなかった〜

なんか懐かしい〜〜^w^

ネット検索したらどんなものでも出てくるのってすごい!

すみっこぐらし柄フィーバー〜^^^ 7・18

「バーバの作ってくれたペンケース使ってるよー^^」っと写真送ってくれた〜^^
ふむふむ・・・新しい鉛筆にキャップしたら今までのペンケースに入らないって言ってたのはこの大きなキャップも原因か・・・・そらチャック20cmじゃ入らないわねえ〜〜w
 
物差しも鉛筆もキャップも「すみっこぐらし」でいっぱいだ〜^w^
 
な〜〜〜るほど・・・・今時の小学生の様子が垣間見えた^〜^
 
婆の頭の中は30年以上前の自分の子供たちの時から動いてないもんで・・・汗;;
 
そしたらママが「あの・・・すみっこぐらしでもツールームペンケースがほしいと言ってまして・・・・ーー;;」っと。
 
「ふふふ〜〜実は・・・最後のすみっこぐらしのハギレでなんとかツールームペンケース作ったのよ・・・だけど・・・コロッとしたのにしてみたくてマチを大きくしたらチャック部分が折り曲がって・・入れ口が実質20cmになっちゃって送らなかったのよね。ちょっと最後で汚れ部分もあるんで・・」っと写真送ったらそれでもいいからほしい〜〜!っと言ってます〜って。
 
そんなに「すみっこ柄」が今の小学生に人気なんだ〜〜@@
 
すみっこぐらし柄フィーバーか〜〜〜^^
 
先日送ったすみっこ柄の「ラップタオル 」も二人とも超テンション高くてご機嫌がやたらいいでーす〜^^」ってママから。
 
なんで手芸屋さんに反物消えちゃったんだろう?
 
入荷するかどうか今度尋ねてみようかな〜^^
ネットでは送料かかるし・・・・^w^;

今日の生き物〜〜^^ 7・17

水撒きしてたらキチョウがジュランタに止まった〜^0ー

アオバハゴロモの羽化が一気に始まった〜〜^^

この白いワタ状のベトベトさえ残してくれなかったらウェルカムなんだけどなぁ・・・・
毎年この白いワタ状のものが庭の木々全部に広がっていく・・・困ったもんだ・・・・ーー;;;

 

今日の花〜^^ 7・17

パイナップルリリーの花がようやく完成型に〜〜^w^
全部の花が咲き終われば下から枯れていく・・・
でも、さすがに「パイナップル」と名前についただけのことはあるな〜っと納得〜笑

沢渡の木の花もそろそろ最終章〜〜〜随分と長く楽しめる花だ〜100円は安い〜〜! ^w^

スイレンボク にまた蕾がついてる〜@0@
今頃また咲くのかな??

今日も猛暑!!  7・15

今日も猛暑!

11時で33度・・・室内も30度超えた〜
まだ扇風機でがんばってる〜^w^
(婆さんはこうやって頑張ろうとするから倒れるんかな〜笑;;)

あまりの暑さに庭の草花が参ってる・・・これからが酷暑なのに・・

それにしても今年の夏は異常じゃないのか。。。ココで33〜36度って・・・ちょっとひどすぎ!

この暑い中、2つ目のグラジオラスの花が開いた。
なんと「紫色」〜〜@0@
昨年末見切り球根を買ったのでどんなのが咲くか全くわからなかった。
茎もひ弱そうだし・・・
咲いたのが濃い紫色の花。
グラジオラスの紫は初めて。

パイナップルリリーももう直ぐ一番上の蕾が開いたらおしまい。

パラシュートプランツ、復活してきたらツルも伸び始め小さな蕾も次々ついてくれた〜^^

沢渡りの木の花ももうおしまいか。
茶色くなって芯に黄緑のこの色のグラデーションって好きだ。
はじめてでここまで楽しませてくれて感謝。

アオバハゴロモの幼虫の羽化が始まった。
ポツポツと薄黄緑の成虫が出てきてる。
庭中に広がってしまったアオバハゴロモ幼虫。
植物の汁を吸うらしいのだがそんなに多くの害を与えるレベルでないのだが、この幼虫がまとってるワタのような真っ白なモノが大問題。
このワタ状のモノはネバネバしててしっかりと茎にくっつく。
幼虫が成虫になって飛んでいってもこの白いワタ状のものはずーーっと冬も植物の茎やあっちこっちにくっついたまま。
それが見た目見苦しくて園芸では「害虫」になってるみたい。
このふわふわワタに保護されてるので駆除の薬も効かないそう。
仲良く共存できればいいのに・・・