デザインか使い勝手か・・・・5・25

早速IKEAの水ジョウロ(?)を使ったが・・・・・・あかん!
小さな植木鉢では一気に水が溢れるしいっぱい水入れたら重い。

100均のは注ぎ口が細いので小さな植木鉢にうまく注げるし溢れ出ないし、水の量がすくないので片手でも軽く注げる。
結局100均のは捨てようと思ってたのに・・・両方用途に応じて使うことになってしまった・・・笑
デザインか使い勝手か・・・・なかなかむつかしもんや〜^^;

アワフキムシ〜〜^0ー 5・23

庭のツタを切ったら大きな泡がくっついていた。
アワフキムシの幼虫の泡はもう4月ごろから頻繁に見てるがこの泡はデカイ!
幼虫もでっかいんだろうな〜っと泡を除いてみたら・・・・
もう終齢幼虫かな〜^^
大きなアワフキムシ幼虫が現れた〜^^
山小屋周りでもよく見てたアワフキムシだけど、なんかここの方が多いような気がする。
ほぼどんな植物にも泡〜泡〜アワ〜〜^0^
植物の茎から栄養を吸い取るので害虫といえば害虫だけど、そんなに悪影響を与えるレベルではないので黙認〜〜^^
ただ、切った植物にくっついてるとゴミ行きだから泡を他の植物にくっつけておいてやる〜〜^^
あんまり大きいのでちょっとデジデジ〜〜^^v
*********:
※アワフキムシ・・・・・アワフキムシはカメムシの仲間で幼虫が泡状の巣をつくる種類全般の総称です。
なので泡のなかを調べるとアワフキムシの幼虫がでてくることでしょう。
幼虫は泡のなかで植物の茎に流れる液から栄養を得て生活しており、ほとんど移動せずに幼虫期は過ごします。
幼虫の泡の正体は、植物から吸った液の余った水分とアワフキムシが生活する上で不必要になった物質です。
それをアワフキムシは泡立たせることによって、アリなどの捕食者から身を守るために使っています。
因みに、成虫も幼虫と同じように植物の液を餌としています。

**************

冷凍ムカデ! 5・22

日付変わるのでそろそろ寝るかなっとPC閉じる準備初めてたらなんかスリッパの中が変・・・
あっ!やばいかも〜!っとスリッパ動かした途端に・・・やられたぁぁぁぁ〜〜!!!
やっぱムカデ!!
3cmほどのちっちゃいのだけど刺されると半端なく痛い!
スリッパで叩いても此奴らは死なない。
急ぎ「凍殺」!
この時期はムカデの旬時期で、毎年決まってPCしてる机の下で刺されてるのでずっと用心してたのに・・・・
悔しい!!!
ここにきてこれでもう3回目。
しかも、全部PCの机下・・・・・やれやれ情けない・・・
今年は絶対さされるもんか〜!っと用心してたのにぃぃ・・・
ほんま悔しい。
網戸のちょっとした隙間からでもはいってきてしまう。
先日もサッシ窓にムカデの薬を撒いてくれたのに・・・・
薬なんか気休め・・・ーー;;;
ムカデってスズメバチみたいに何回刺されたらあかんってリミットあるんやろか・・・・ーー;;;

ハエトリソウ花3輪〜^^v 5・22

ハエトリグサの花が3輪開いた〜〜^♪^ 
2日前、コマバエのような虫が室内を飛んでたのでつまんでハエトリグサの開いてる葉の中にいれてやった。
購入した時にすでに虫が中に入ってたので閉じた様子なしだが、その横にピンセットで入れてやった。
2日経ったが・・・何も変わりなし。
捕虫しなくても生きることができるらしいので、無駄なエネルギーは消費しない主義なんだろうか・・・・^w^

先採り〜〜!! 5・22

ヒヨがジューンベリーの実を狙ってやってきてる。
奴らは賢くて良く熟れた食べ頃の実をついばむ。
バラアーチの下にジューンベリーの種が入った糞が落とされてる・・・
ヤバイ!また今年も根こそぎ食べられそうだ。
悔しいので熟れた実を収穫。
たぶん・・・「ヒヨ的には」もうちょい熟れた方がいいんだろうけど・・・
そんなこと言ってられん!

水やりジョウロ149円〜〜^^ 5・22

IKEAに棚を見に行くというのでついていった〜^^
IKEAの中巡りは久しぶり〜
カート押してウロウロ3時間。
結局婆さんが購入したのは植木に水をやる「ジョウロ」149円だけ〜〜^^v
ずっと5年くらい100均のジョウロだったので汚くなって飽きてきてたし・・・・・
149円なのにデザインがとってもスッキリ洗礼されてるし、100均のより倍の水が入るから〜〜^^
なんかすごくいい買い物した気分〜〜笑

ヒメダカ〜〜^^ 5・19

HCで「ヒメダカ」を買って来た〜〜^^
1匹80円ー10匹580円だったので10匹購入。
帰って来て水瓶に投入しようとしてよーくみたら・・・・なんと12匹いる〜@0@
店員さんおまけしてくれたんかな〜〜^0ー


で・・・今日、今まで行ったことなかった新しい大きなHCにみんなで行ったら・・なんと「ヒメダカ」1匹20円ー10匹180円だった〜〜@0@
なんじゃ、この差は〜〜〜〜@0@!!!
悔しがったらM-ちゃんが池のメダカがまだ足りないからと購入。
「餌用のメダカ」と書いてあったけど・・・同じメダカでこの差はなんなんだろうか〜〜!
メダカの種類もすごく多いのにもびっくらたまげた〜
一匹900円のまである〜〜@@
メダカって昔から田んぼや川にいるものしか知らない婆さんにはおったまげることばかり・・・・

モモンガの思ひ出〜〜^0ー 5・19

BSで朝ドラ見てて、そのままつけてたら「さわやか自然八景」というのが始まった。
切ろうかとリモコン持ったら画面に山並みが写ってナレーションが「鳥取・岡山・兵庫にまたがる細長い東中国山地にはたくさんの生き物が・・・・・」っと。
ん?? 東中国山地? 鳥取・岡山・兵庫にまたがる人工の杉・檜の山々・・・・ 
わおー、まさしくうちの山小屋じゃん!!
急ぎ座りなおす〜〜^0ー
そこに住むモモンガの生態を追った映像。
戦後人の手によって山のてっぺんまで人力で植林された杉檜の山々が繋がる東中国山地の懐かしい空からの景色〜^^
雪解け〜ミツマタ群生〜キビタキ、ヤマガラ、ニホンリス、ツキノワグマ親子〜〜イヌワシの映像〜〜
そして杉・檜の成長に欠かせない霧〜〜^^
そしてそしてモモンガ〜〜^0⭐️
見終わったらなんか20年ほど前に撮った「モモンガ」の写真が無性にまた観たくなった。
まだデジカメでなくバカチョンカメラで撮ってた時代の写真を2002年にデジカメに撮り直して加工してみたが、元の写真が悪いのでブレブレのままのモモンガ写真〜〜^w^
山小屋作りを始めた25年前、まず作ったのが野鳥のための巣箱。
周りの杉の木に10ケあまり取り付けたが・・・人工林にやって来てくれる野鳥はすくないのに何度か巣作りしてくれた。
そのもう朽ちかけた巣箱にモモンガが巣を作ってくれた時の嬉しさはもう半端なかった〜〜^^
2ケ所の巣箱を飛んで行き来するモモンガ一家〜〜^^
大人モモンガ2匹に子供モモンガ2〜3匹だったかなぁ〜〜
初めて目にする「モモンガ」という生き物に二人とも興奮して夢中になった〜〜^^
そのあと、ずっとまた出会えないかと心待ちにしたがモモンガは二度とうちの山には来てくれなかった・・・・ーー;;;
ほんとに一期一会の奇跡のようなモモンガとの出会い〜〜^^
ブレブレ写真でも私の大切な大切な宝物〜〜♪
そして「なーんもないつまんない人工林だ!」と思ってた自分ちの山が素晴らしい山だと思えた日。
私の「カメラ山徘徊」が始まったとも言える記念日〜〜笑
ほんとにほんとに素晴らしい時間をもらえた20数年〜〜^^
山小屋のおかげで私の目線が自然に大きく広げられたといっても過言ではない。
ただただありがとうの言葉しかない。
ブレブレモモンガ写真を観ながら心はもう山小屋に飛んでいる〜〜^0ー