ジュエルオーキッド〜〜^^^^ 12・13

ジュエルオーキッド・・・とうとう買ってしまったぁぁぁ・・・・
ずーーっと気になってたけどちゃんと育てる自信がなくて購入を諦めてた。
今回もまたお店に出てきてたけど600円・・・・ムムムム・・
育てられなくて枯らしてしまうの解ってるし・・・・ムリムリ・・と素通り。
花屋さん覗くたびに数が減っていく・・・
そして。。先々週あたりから300円に下がってた。
まだ4ポット残ってる。
いやぁ・・・やっぱり・・ムリムリ・・・葛藤中。
今日、「300円なら一度育ててみてもいいかなぁ・・」となった。
植物購入は300円以下〜〜っと自分の中で決めてるルールの中に入ってきてしまったんだもん〜^笑^
************
※「ジュエルオーキッドは南アジアから東南アジアなどを原産とするラン科の多年草。
ビロードのような質感の葉上にきらきら光る刺繍を施したような模様を持つのが特徴で、日本では「宝石蘭」や「森の宝石」とも呼ばれています。江戸時代中後期より観賞用として親しまれてきた美しい植物。
ジュエルオーキッドは水槽内に水中と陸上を再現したアクアテラリウムで飾られることが多く、園芸店だけでなく熱帯魚の専門店などでも取り扱われています。
小さな苗が比較的安価で売られている一方で、環境の変化に弱いため栽培は簡単とはいえず、管理方法に少し気を使う植物です」
********::
さーて、さてさて・・まずはこの冬を上手く越せますかなぁ〜〜〜
どうなりますやら〜〜〜^^

電磁波吸収サボテン〜〜w 12・13

名無しサボテンの名前を検索したら「セレウス・サボテン」でヒット。
そしたらこのサボテン、電磁波を吸収してくれるサボテンだとか。
「このセレウス・サボテン、正式には「セレウス・ペルヴィアナス」という名称で、電磁波を吸収して育つ珍しい植物です。
生息しているだけで、周囲の電磁波除去の手伝いをしてくれるらしい。
しかも、大気中のプラスイオンも吸収して、マイナスイオンとして吐き出してくれるという、ありがたいサボテン」だそう〜〜^^
今年春に大きな株で200円だったので・・つい買ってしまった〜〜^w^;;
株が3つで一つになってたので株分けした。
でも・・・なんか・・ふつーのサボテンだし・・またまた余計なもん増やしてしもて困ったなぁ・・・っとちょっと悩んでた〜笑
こんなお役立ちサボテンだったとは〜ラッキー〜^^
さっそくPCの周りに置いた〜〜笑
おい先短い婆さんなんでもう電磁波はあまり関係ないけど、欲張って3鉢とも〜〜〜笑
ほんまに効くのかな??

コウモリラン〜〜^^ 12・12

コウモリラン(ピカクシダ)2鉢がずいぶん大きく育ってくれた〜〜♪
今、大きいので40cm~~^^
2鉢共、いつもの花屋さんで10cmもない小さなのを300円で購入したもの。
20年前に親戚の玄関にあったコウモリランに出会って一目惚れ。
まだ園芸店では高かったので株が増えたらもらう約束してたぐらい。(笑)
こちらに来て花屋さんで300円で見つけた時は小躍りしてしまった。
それから6年余り、何度か失敗して枯らしてしまい・・・その中から生き抜いてくれたのがこの2鉢。笑
生き抜いてくれたのは葉っぱの付け根の部分にある「外套葉」ができて水を蓄えられるようになったから〜〜だと学習した。w
観葉植物用の土よりは「水苔」が一番いいとも学習。w
でも・・・まだ「ヘゴ板」で育てる自信は・・・ない・・・笑
もう1鉢が今年になって枯れ始め、今ようやく1枚しか残ってなかった葉のそばから小さな新芽が出てきてくれてホッとしてる。
性格が「イラチ」のせいか、どうしても「水をいっぱいやりたい症候群」になって観葉植物やサボテンも枯らすことが多く・・・・涙
で・・なるべく水やりがやりにくい場所におく方がいいかと、サボテン類はM-ちゃんに貰った水槽に入れて部屋のあんま機の裏側に置いてみたら正解だった〜〜笑
今調べたら「コウモリランの緑色にはリラックス効果があり、外套葉の部分の色も変わり、緑とブラウンの色が同時に見られることも、心を癒す効果が高くなるということで、リラックス効果が高い植物として知られている」そうだ〜〜^0^
老後を「心穏やかに過ごす」ためにもリラックスは最重要だもんね〜助けてもらおう〜〜^笑^v

出番待ちクリスマス3点トリオ〜〜w 12・11

花屋さんにコニファーが100円で出てた。
クリスマスの玄関飾りに今年は「生」で行こうかなっと。
「コニファー・ウイルマ」と「コニファー・ボール・バード」の2ポットを購入。
先日200円で勝ったポインセチアの3点でどんなクリスマスを表現するか〜〜ノーミソちょっと使ってみよっと〜〜^v^

葉ボタン その2〜〜^^ 12・11

先週買ってた背の高い葉ボタン。
とりあえず植えておいて、年末に切り花用として切って使う予定だった。
ちょっと根元が寂しいので100円葉ボタン2ポット買ってみた。
植木鉢に4本の葉ボタンを植えてみたがなんかしっくりこない。
で・・・・3年ほど前に薪用に貰ってた節のある木に植木鉢ごと入れてみたが・・・あかん!
丁度木が腐って底に穴が空いてるので植木鉢から出して、じかに植えてみた〜〜^^
ちょっと物足りないので側のわんさか茂ってるワイヤープランツを挿してみた〜〜
ちょっと面白くなったかな?
原価600円也〜〜〜笑
前回プランターに植えたちぢれ葉ボタンとでお正月準備終了〜〜ちぢれ葉ボタン、ゼーーンブ1株100円也〜〜
やったぜ!  100円大好き婆さん〜 ニタリ〜笑

森林管理制度〜〜 12・9

山小屋の管轄の市から「森林管理制度が新たに始まりました」と調査の封書がきた。
市レベルでやれる懸案ではないので検索してみたら林野庁のHPが出てきて[平成30年5月25日、新たな法律である「森林経営管理法」が可決、成立しました。新たな法律は平成31年4月1日に施行され、「森林経営管理制度」がスタートしました。]と出てきた。
やっと、国が動きだしたか〜!
可決して1年も経ってのスタートとは・・
遅い! 遅過ぎ!!
ずっと前から危惧されてたことなのに。
でも・・・動き始めただけでもまだましか・・・
パンフにはメリットが多く書かれているが果たしてうまくいくのかなぁ・・・・
************
※林業経営に適した森林→意欲と能力のある林業経営者に市町村が仲介者となって経営管理を委託。
※林業経営に適さない森林→市町村が自ら管理。
**********
林業が衰退してる今、ほんとにそんなにうまくいくのだろうか?
「適さない森林」を市町村が管理するって。。。そんな負の遺産をどうやって管理するんだろう・・・管理する経費もばかにならないのに市町村の負担が重くならないのかなぁ・・・
とりあえずは山の持ち主を調べ「山林所有者の所有山林に関する意向調査」を始めるそうだ。
現状持ち主不明の山林も多く、それをすべて調べてからだと・・・後何年かかるかなぁ・・・
国が率先して杉檜の苗木を植えさせ、人工林や里山が荒れてしまってるのを危惧するたくさんの人たちの意見も無視して何も手を打たず70年、ここにきてやっと重い腰を上げた行政になにか不信感が・・・・
それでも「一歩」進めたと評価するしかないのかなぁ・・・
結局は国の政策に振り回されるのは下々の人たち。
このまんま「いい制度」だと両手をあげて賛同できないと思うのは私が捻くれてるのかなぁ・・・・
うちの山も小さいけれど対象になってるらしい。
どう答えを出せばいいのか・・・・・悩む。

霜がおりた〜〜^^ 12・9

今朝7時、晴天〜気温-0,6度。
デッキに霜がおりて真っ白〜
正面の山は標高570mだけどまだ登ったことはない。
整備されてないので日頃歩いてない婆さんにはちょっと無理みたいだそう〜笑;
ワン散歩でよくいっしょに付いて行ってた山2コースは整備されてて街中からも気軽に来れるので中高年の方が多い。
ワンたちは整備されてない道の方が元気〜〜
エピも大きいワンに負けないでついて行ってる〜
若いって素晴らしい〜〜w
婆さんも歩かなきゃ〜って思うのだが・・・やっぱ楽を選んでしまう〜〜ーー;;
今週は暖かくなるという予報。

一石五鳥??  12・8

勢いで・・・・捨てようと思ってた昔むかしの頂き物のシーツもわんこマットレスカバーにリメイク〜〜^^
やったー! これで終活がちょっと進んだかな〜〜笑
実家でも捨てられなくて在庫になってたモノたち・・・こっちに持ってきても結局は捨てられなくて。
もう「そろそろ終活」の段階じゃなく、「大急ぎ終活」の時期に突入したというのに、まだ捨てる勇気が出ずガラクタの山の中。
何かに活用、リメイクしてから捨てるのなら、自分の中で折り合いがつけられるかも〜〜〜っと。
優柔不断な性格は昔から・・・・涙
これで・・・一石五鳥くらいかな?  笑
がんばろ!

わんこマットレス・カバー〜^^ 12・8

わんこマットレスカバーの洗い替えを受注〜〜^v^
ただ・・・「もっこもっこ生地」との指定。
シーズン初めに大量に購入したもっこモッコ生地の毛布ケット(490円)で残ってるのは派手な黄色の羊柄だけ。
さーて・・・・どうやろ?
出来上がってマットレスを入れてみたら・・・まっ、なんとかなるかな? 笑
シーズン初めの9月ごろに出てきた490円のもっこもっこ肌触りの毛布ケット。
「安!!! これは買わねば!」っと足跡柄とヤマアラシ柄6枚を購入したあと、なんとか婆が容認できる柄はこの羊柄一枚だけ。
でも490円なんかでめったにないと保険のつもりで購入してた〜^笑^
案の定、すぐお店にはなくなってそれからは何度行っても入荷してない。
買っておいてよかった〜^^
いくら安モノ好きの婆でも柄はある程度までは選びたいし・・・笑
加工するのでそれに適応するかも重要。
わんこマットカバーも今までは丁寧にファスナーつけてマットの寸法に合わせて作ってたが、すぐに破られ、ファスナーカジカジされて何度も修理して、無理なのは捨てるの繰り返し。
これはもう限界だと考え出したのが「ファスナーなし、どのサイズのマットレスにも適応する袋状で端は30cmほどマットレスの下に折り込む」カバーだ。
これにシフトしてからは被害もない〜〜笑
マットレス・フリー〜〜ストレス・フリー〜〜〜^♪^
やっと婆知恵がワンに勝ったのだ〜〜♪
いつまで持つかは・・・わからんけど。w