オンファロデス・ホワイト〜〜^^ 4・18

先日100円でゲットしたオンファロデス・ホワイト。
和名・ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ科 / ルリソウ属(ヤマルリソウ属)だそうだけど・・・・ウチの山のヤマルリソウとはちょっとちがうんだけど・・・
名札に書いてあっても間違えてるのもあるし・・・ほんと植物も奥が深くて難しい・・・・ーー;;


オンファロデス・ホワイト(和名・ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ科-ルリソウ属(ヤマルリソウ属)

オンファロデス・ホワイト花(和名・ヤマルリソウ(山瑠璃草)ムラサキ科-ルリソウ属
2005・4・17撮影のうちの山のヤマルリソウ

芽吹き〜〜新葉〜^^ 4・18

昨日の雨で、山の木々も庭の木々も芽吹きを加速させてきたようだ〜〜きたぞ!新緑の季節〜〜^♪^
紅葉の花〜^^
ザクロ、ハナザクロ、ヒメザクロの新葉〜〜^^
プリムローズジャスミンの二番目の花と三番目の花が開いたけど・・・葉っぱの黄色と同じ色で目立たない。w
一番目の花はそのまんま落っこちてたので水に浮かべた〜〜^^
最後のご奉公〜〜笑


モミジの花

ザクロ新芽


ヒメザクロ&ハナザクロの新葉
プリムローズジャスミン〜〜どれが花??

プリムローズジャスミン花浮かべ

ドドナエアに蕾がついていた!!! @@ 4・17

ドドナエアに蕾がいっぱいついてた〜〜^0^
葉っぱも蕾もチョコレート色なので今まで全く気が付かなかった・・・・不覚!
2019年9月に100円で購入した苗木。
花もついてなくて「ただの木」wだったけど名前が面白かったのでゲット。
検索したら秋になると紅葉するって書いてあったのがちょっと興味をそそった〜^笑^
花は小さくてほとんど目立たないと。
あれから3年20cmほどだった小さな苗が今は1m。
樹形も素直で綺麗し、このチョコレート色ってなかなかいいので気に入ってる。
ただ花は正直期待してなくて・・忘れてしまってた・・笑;;
結構蕾がいっぱいついてるので、またまたどんな花かな〜ってワクワク感が増殖中。
***************
※ドドナエア(別名:ポップブッシュ)・・・ムクロジ科の常緑低木。
原産地:オーストラリア。
ドドナエアにはいくつか種類がある。冬に美しく紅葉するプルプレアがよく出回っている。紅葉は赤銅色になります。耐寒性があり南関東以西の暖地では庭植えも可能ですが、寒風にさらされたり冷え込みが厳しいと葉を落とします。花は目立たず、雌木は花後に莢ができますがこちらも目立ちません。株は別名の通りブッシュ状に自然にまとまります。冬越し以外は丈夫で手間がかからず、大きくなりにくいため近年人気が出てきています。
マイナス5度程度まで耐えるとのことですが、その温度だと保護なしでは葉がかなり落葉するため、冬の間、綺麗な姿を維持するのが難しくなります
*********
あらら、冬はちょっと厳しかったんだ〜〜ええ加減婆は「テキトー」に我流でやってたわ・・・幸い軒下しか場所がなかったので命拾いしたかな〜〜笑
 なぜか花の評価がよくない。w
この目でどんな花かしっかり見届けよう〜〜^w^


今のドドナエア  身長1m。

3年目についたドドナエアの蕾。
同じ色で同化してて全く気が付かなかった・・・ーー;;
どんな花が開いてくれるんだろ〜〜^0^

2019・9・12購入した時のドドナエア。身長20cmもなかった。名札は<ドドナエア・プルプレア>

2019・12・17のドドナエア。身長が少し伸びてすかりチョコレート色に変身。

ツツジ満開〜〜^^ 4・17

昨日4日ぶりに買い物におりる。
桜の花はすっかり落ち、桜並木は緑の葉で青々〜^
道路端のツツジがもう満開〜〜♪
ハナミズキも満開〜^0^
季節が飛ぶように駆けていく。
買い物ルートはいつも同じ。
走るたびに彩が変わる。
ココにきてはや6年・・・改めてよく手入れのできた街だと感心する。
きょうは何色かな〜^^っといつもワクワクして楽しい〜^^
季節の変化を目で感じられるから〜

自宅のコデマリの花が開き始めた。


ムベの雄花と雌花〜〜@0@ 4・17

昨日、満開のムベの花を撮ってて気がついた。
なんか花がちがうような・・・
ムベの花って雄花と雌花があったんじゃないの?
実家でもずっと実がついてたのと、棚式にしてたので花をじっくり撮ることもなく、実がついて当たり前だと思って疑問に思ったことがなかった。
検索したら・・・ムベの花はやっぱり雄花と雌花があったノダ!
あらためて撮ると・・・ほんまや〜外見はほぼ同じなのに顎の中央の葯が違う。
だので・・・<ムベは、同じ株の花粉では実りにくい自家不和合の性質をもっている。このため、ほかの株の花粉で人工授粉した方が結実しやすい。>
ってことらしい。
実家では何もしなくて実がついてたので・・・知らなかったなぁ〜@0@
*********:
※ムベ・・・キンポウゲ目アケビ科ムベ属の常緑蔓性木本。クワアケビ(桑あけび)、トキワアケビ(常葉通草)、ウベ ともいう。 ムベは雌雄同株で、雄花と雌花が付くが、雄花の花序と雌花の花序がある。 花弁のように見えるものは顎だそうで、外列の顎は大きく、内側の3枚は線状。 雄花序にはたくさんの花が付き、葯は中央部に集まっている。雄花には3本の柱頭がある。
*************
またまた目から鱗〜〜@@
この歳になっても知らないことばっかり!
だから好奇心がムクムク〜〜^笑ー
しかーし・・・これだけいっぱい花が咲いても雌花が少ない。
やっぱり今年も実はのぞみ薄いかも。w


ムベの雌花。中央に3本の柱頭がある。
ムベの雄花は多いのに雌花は少ない。
ムベの雄花。

ムベの雄花。

ムベの雄花。

ムベの雄花。

今日は雨〜〜新緑の季節突入〜^^ 4・17

今朝は雨。
ガスって山の稜線が見えない。
ニセアカシアの新芽が出始めた。
この雨でどんどん新芽がでてくるかな。
季節は嘘つかないなぁ〜〜^0^
久々に山小屋カメラを見た。
杉林の中も木々の新芽が芽吹き始めてる。
やっと春がきた〜^v^
山椒、ダンコウバイ〜〜山の日陰モノたちの春の季節〜〜^0ー
山斜面のミツマタの花が満開〜〜^^
カメラじゃ、小さくて見えづらいが・・・婆の目にはミツマタの黄色いぼんぼりになってる花がちゃんと見える〜^^
薄暗い山の中の唯一の春色だから〜〜♪
20年も見慣れた光景だから〜〜w
小さな苗木を少しでも日があたるとこに移植した山桜ももう10数年。
まだまだ細いけど・・・
光の具合で花が咲いてるようにも見えるけど・・・はっきり見えないのが残念。
もっと性能いいカメラならみえるだろうなぁ・・・中古カメラだからしゃーないか〜笑;

木々の芽吹き

山小屋の杉林の芽吹き

山斜面のちっちゃなつぶつぶがミツマタの花手毬。
増えて増えてあっという間に杉林のしたがミツマタに占領されてしまうので行くたびに切るのだが・・・ミツマタはほんと逞しい。
昔むかし、岡山で和紙の生産のためにミツマタを栽培したのが、和紙も作らなくなったのにミツマタだけがどんどん増えていったらしい。
杉檜を伐採した山はあっという間にミツマタに侵食され、春には黄色い山になってる〜〜笑

右端の木が10数年経った山桜。
直径30cmくらいの山桜が数本あったが枯れてしまい2本だけなので、少しでも日の当たる場所に小さな苗木を植えたのだが・・・太くなるのに半世紀以上はかかりそうだ・・・ーー;;

丸椅子カバー〜〜 4・15

3月に頼まれてた”丸椅子カバー”を作る。
小学生に作らせる丸椅子キッドのカバーだそうだ。
100均のじゃ種類が少なく面白くないので、どんな柄のハギレでもいいから作ってくれ〜っと。
ハギレの在庫処理になるからと引き受けた〜〜笑
どんなのがいいかわからないから、在庫歴30年以上(笑)のくまちゃん柄でまず作る〜〜「古〜〜!」って言われそうだから捨てても惜しげないから〜ずっと処分できずに困ってたから〜〜笑;;
自宅にある丸椅子は2種類・・・直径30cm直径32cm。
今回わかったコトは同じ丸椅子でも足が外に出てるタイプはカバーが内側に包み込めなくてものすごく取り付けしにくいコト。
しかも100均のカバーでは30cmが限界で32cmの丸椅子には全くダメだった。w
丸椅子キッドの座は取り外してちゃんと内側で止めるから大丈夫だと写真送ってきた。
おお、それなら安心だ〜^^


右、ハギレ在庫歴2年〜左、在庫歴20年以上・・・やっぱり古いニオイがするなぁ・・・

このくまちゃん柄はハギレ在庫歴30年以上・・・・製品にしたらちょっとはマシかもってやってみたが・・・やっぱ、古臭いニオイがする。
なんでもケチって在庫してても結局は使えない運命か・・・・涙

右の文具柄も在庫歴20数年・・・なかなか需要ないまま在庫が延長。ーー;;

我が家の丸椅子2種類。このタイプは脚が邪魔でカバーでうまく包みこめない。
サンプル写真C
しっかりとクッションが入れてあるから、これなら座り心地いいかも〜^^

サンプル写真B

サンプル写真A
・・・100均カバーなのになんか高級っぽくなってる〜^笑^生地の材質によってずいぶんと変わるもんだ〜^^

プリムローズジャスミン〜〜^^ 4・15

昨年「山野草」として100円で売ってた10cmほどの小さな苗木を購入。
鉢の植え替えもしないで黒ポットのまま冬越し。
名札がついてなくて名無しさんだったのが、蕾がついて黄色い花が咲いた。
葉っぱが黄色いので蕾がついてたのに全く気が付かず、花が咲いて「ありゃ?」って感じ。w
花が咲いたのでやっと名無し解消できると検索。
オオバイに似てるので検索したが花が違う。
で・・「黄色い花・黄色い葉」で検索して見たら「プリムローズジャスミン」と出た。
でも・・・花が少し違うのだが、葉っぱが黄色で花壇のカラーリーフに使うそうで、やっぱりプリムローズジャスミンでいいのかなぁ〜って。
植物の名前探しはほんと難しい・・・ーー;;
<プリムローズジャスミン・・・・・モクセイ科ヤスミヌム(ソケイ)属の半耐寒性常緑低・明るい黄色の葉がとてもきれいなジャスミン・やや耐寒性は弱いので、冬はマイナス5度以上で管理>
ムムム・・・耐寒性が弱いのが気になるが、この冬耐えたから大丈夫かな。w
実家にはオオバイがあったけど・・・枝が広がってちょっと困った経験・・鉢植えで育てるから大丈夫かな〜
名無しさんに名前が見つかるとホッとする〜〜^^

レウシア・コチレドン&オオデマリ2種〜〜^^  4・15

レウイシア・コチレドンの花が開き始めた〜^^
大手毬(オオデマリ)とピンク大手毬の花も。
白もピンクも花の開きかけは黄緑色〜〜^^
下に降りると、町中のオオデマリは今満開だった〜

レウイシア・コチレドン(常緑性・山地の岩場・耐暑性弱い


レウイシア・コチレドン赤

大手毬

ピンクオオデマリ

「見逃したかもしれない過去の思い出・4年前」〜〜^^ 4・14

今朝Facebookを開くと突然思いがけない写真が目に飛び込んできた〜!
「見逃したかもしれない過去の思い出・4年前」と書かれて2017年4月12日の日付の写真2枚〜〜〜お借りしてた畑とミズバショウの花の写真!
一瞬、どこの写真???って思って、ハッとした。
そっか〜〜4年前、ちょうどミズバショウの花が満開の時に山に行けてたんだ〜〜^0^
もう、すっかり忘れてた・・・2014年に地主さんにお願いして、お借りしてた畑の中の全てを切って原状回復してもらってお返しした畑。
石ころだらけの水田だった休耕地〜〜カヤが根を張り、草ボーボーの田んぼを、石ころを取り除き、肥料を入れ、沢の水を引き込んでちっちゃな池を作り、”まい・しっち”と名付けて花壇も作った。
沢から流れてきたカワニナが住み着いてくれて、思いもしなかったホタルが育ち飛び交うようになってくれて。
気候的にもひょっとしたらミズバショウが育ってくれるのでは〜〜っとHCで売ってた300円のひ弱なミズバショウの苗を植えて見た。
自宅では夏を越せず何度も失敗してたミズバショウが毎年増えていってくれて本当に嬉しかった〜〜^^
夢は増えたミズバショウを山小屋のまわりに沢水を引き込んで植えて育て、山小屋周り一面をミズバショウのお花畑にすることだった〜〜^笑^
畑はお返ししたが、地主さんのご好意で、畑隅っこの「まい・しっち」部分はわざと丸く耕運してくださって、辛うじてミズバショウ・ポンテデリアコルダータ・アジサイの花たちは残してくださってた〜〜^^
こんな状態でもミズバショウが花を咲かせてくれてたことに、驚きと感謝しかなかった〜^0^
そんな懐かしい「4年前の思い出」まですっかり忘れてしまってた・・
今まで「見逃したかもしれない過去の思い出」なんて出てきたことなかったのに・・・しかも、4月12日の日付なのに14日の今日に出てくる??
なんか不思議な感じ・・・
偶然? 
年2回ほど山小屋に行くことはあっても、ミズバショウの満開の季節になって行けたのはこの日だけ。
その写真が突然でてくるなんて・・・不思議なこともあるもんだ〜^^
まっ、偶然にしても嬉しい〜〜^^
大切なコトをいっぱい思い出させてくれたことに素直に感謝!
サイコーの1日遅れのバースデープレゼントかも〜〜^w^
*******************
******************
見逃したかもしれない過去の思い出
4年前
2017年4月12日
*****************
到着して一番に畑に下りた。
思わず「わおー!!!!」って叫んだ。
ミズバショウの花が今盛りと咲き誇ってた!
昨年鹿にやられるくらいだったらと必死に掘り起こして一株だけお持ち帰りした。
後のはもうあきらめていた。
その諦めていたミズバショウに見事に大きな白い苞炎がいっぱい〜〜!!!!!
感激!!!