今朝は雨・・・・・ 1・17

今朝は夜中からバチャバチャと雨。
8時 気温8℃。
いつもは少々の雨でも傘ささないでゴミ捨てに走るが、さすがに今日は久々に傘さした〜〜^^
庭の素心蝋梅が満開〜〜♪
半分ほどの高さの蝋梅だったのに実家から持って着て植木鉢から直植えしたらぐんぐん大きく育ってくれた〜^^

レッスンバッグ&ミシンあうと!〜〜^^ 1・14

7歳孫のレッスンバックを受注。
好みが出て着た7歳児のためにパパがスカイプ繋いできて、婆さんのストック生地を見せてくれと。
10枚ほどハギレ見せた中、選んだのはこの足跡柄〜〜
本人は紫系かブルー系を希望したがストックハギレの中にはその系はなく・・・・汗;;
しかも・・・婆さんとママの選んだ柄はことごとく拒否・・・・ーー;;;
7歳には地味柄かとも思ったけど・・・・・
しゃーない、本人の希望だし・・・・
ただ茶とベージュを合わせるのはちーっとも面白くないし・・・
なんか面白いことできんやろか??っと2日悩む。
2枚をはぎ合わせて持ち手も色変えて〜〜〜^^
チャック付きの大きなポケットを貼り付けてみたらどないやろ??
裏付きにして、中袋にもポケット〜〜^^
で・・・・出来上がったのがフツーサイズのとちょっと大きめのレッスンバック〜〜♪
残った細切れ布もチャック付きポーチと紐付き巾着に〜^^
裏地、持ち手ファスナーなどはすべて在庫処理で、材料費は2枚のハギレ650円でこんだけ出来た〜〜^0ーv
技量もないのに「楽しいこと〜おもしろいもん』やりたくてやり始めたけど。どうやって縫えばいいかお手本もないので、あーだ〜こーだー〜といじくりまわしてようやく完成。
あー、しんど!
でも。。。楽しかった〜〜^♪^
ただ、縫い始めてミシンが調子悪くなって・・・もー、最悪!
私にゃ、手に負えない重傷のもよう・・・
もう一台の調子良くなくて使ってなかった一番古い直線縫いのミシンに1年ぶりに糸かけてみたらなんとか使えた〜〜やれやれホッ!
2台とも2年前にネットのミシン修理屋さんに総メンテナンスに出して使えてたんだけど・・・やっぱ80〜60年前のミシンを使うのは無理なんだろうか・・・
最初市内の出張ミシン修理に電話してみたけど、ミシンの年代言ったら断られてしまって、仕方なくネットで探してヘッドとモーターを送ってメンテしてもらった。
1台19800円〜〜2台と送料・・・いい電子ミシン買える値段。
それでも母の使ってたミシンをどうしても生かしてやりたくて。
確かに「部品がもうないのでやれる所までしかできないですがいいでしょうか?」っと念押されてた。
母の使ってた2台とも足踏み式のミシンだったのをkunちゃんがモーター式にしてくれてそれから40年以上使ってたから・・・もういいかも・・・・
古いモノを大切に使い続ける時代ではもうないんだろうね・・・
なんかさみしいなぁ・・・・

複雑な気分・・・・

さむいっす〜! 一番の冷え込み〜^^ 1・12

午前11時 気温1℃。
夜中、マイナス3℃くらいになったみたい。
晴れて空は青空だが、風が強く体感温度は寒い!
素心蝋梅が5分咲きくらい〜♪
ジャノメエリカは満開〜^^
紅梅は只今準備中〜〜^0ー
手作りミニミニ池にも氷が張って、氷大好きディアナが懸命にガリガリと割ろうと挑戦してるが割れない。
結構厚く張ってるみたいだ〜〜^^

えべっさん〜〜^^ 1・11

十日戎(とおかえびす)とは 1月10日の本戎とその前後で行われる祭事です。 七福神の一神であるえびす様(恵比寿神)に、商売繁盛・家内安全・交通安全を願うお祭りのことです。
関西方面の商売人なら知らない人はいない『えべっさん』こと『十日戎』(とおかえびす)。
特に大阪の今宮戎神社、兵庫の西宮神社は、1月9~11日の3日間で100万人以上の人々が訪れることで有名。

山が雪化粧〜〜@0@ 1・10

あんれまぁ〜〜びっくり!
午後5時、「まだ雨降ってる?」っと窓の外を見たら。。。
目の前の山がうっすらと雪化粧〜〜@0@
これは初めてかも。
標高500mくらいの山なのに・・・
ひょっとして山小屋は??
っと山カメラを見たら・・・・
この間積もってた雪は溶けてたのに、昨夜からパラパラ降ってた雪がすこーし積もってた。
山小屋の標高は500m~~
山カメラの中で雪が舞っている〜〜明日はもっと積もるのかな?

初仕事〜〜^^ 1・10

でけた〜♫v
注文受けてたのは猫ちゃん柄の体操着入れだけど、生地が余ったのでお道具入れと上履き入れとコップ入れがお揃いでとれた〜〜^0ーv
これで残り布はほんまのクズだけ〜〜500円でこんだけ出来たら上出来〜上出来〜満足じゃ〜〜^0ーv
入学時に作ったのが擦り切れてきたらしいのでうまく1セットできてよかった〜〜
2年使うとそうだよねえ〜〜^^
ねーねのだけ送ったらブーイングでたら困るのでちっちゃな端切れで妹と弟のコップ入れなんぞをちょこっとプラス〜^^

2018年の初仕事〜〜♪
さて、送るか〜^^

ちらほら〜〜^^  1・9

午後2時。気温5℃。
お昼過ぎからすごい突風が吹き始めたと思ったら雪が舞い始めた。
標高500mの山小屋もちらほら。
ここは標高230mなのに::::::ーー::
今日から下の神社で「十日戎(とおかえびす)」が始まる。
人出が多く交通がごった返すからここ3日間は街に降りない方が無難だよっと言われたので孫の注文の袋物でも作っておこうかな-〜〜( ^∀^)

達磨さん〜〜だーるまさーん〜♫  1・8

「たねや」さんのお正月バージョンは紙の達磨さんの入れ物に紅白の大きな餅花〜^^
この餅花の中に豆菓子が入ってるそうで、くす玉みたいに割ったら豆菓子が落ちる仕掛けらしい。
それと達磨さんの「福笑い」が入ってた〜なんかとっても懐かしい気分〜〜^^
3年前の5月のこどもの日バージョンの紙の鯉のぼりは今も5月のこどもの日の玄関飾りに出して使ってる〜〜^^v
日本の紙文化〜〜やっぱいいなぁ〜心ほっこり〜^^
くす玉、いつ割ろうか・・・悩んでる。
中の豆菓子を見て見たい好奇心と、なんか勿体無いなっていう気分とが葛藤中〜〜笑
で・・・ちょっとぶら下げて・・しばし眺めてる〜〜^w^

えんでぃんぐのーと〜〜^0ー 1・7

今年こそ「エンディングノート」を書こうと決めて買ってきた。
今年は60代最後の年になる。
いい時期なのかもしれない。
「「人の命の寸法」は、生まれた時にすでに決まってるんだよ」とよく母が言っていた。
「自分の命の寸法を知らないから人は生きていけるんだよ、「明日は〜」「来年は〜」ってね・・・」とも。
私の命の寸法はどのくらいなのかはわからないけど、そう長くない時期に必ずいつかはやってくる。
「その時」にうろたえたり慌てたりしたくないから。
自分の最期は自分できちんとカタをつけて綺麗に去って生きたいから。
自分の人生を今一度振り返ってみることも大切なのかもしれないと。
数年前からPCの中にメモって残そうかとも考えていた。
でも、データーが消えてしまうこともあるし・・・
やはり自分の字で書いて残す方がいいかなと考えを変えた。
大学ノートにダラダラ書くよりは市販の「エンディングノート」を使う方が見やすそうだし、どんなものかちょこっと好奇心もあったから〜〜〜w
がんばって「楽しいエンディングノート」書いてみよう〜〜^0ーv